藤村 龍雄(ふじむら たつお、1936年3月13日 - )は、日本哲学研究者・論理学者、東京水産大学名誉教授。

経歴編集

樺太生まれ。岩手県立千厩高等学校卒、1958年千葉大学文理学部哲学科卒、1964年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学、東京薬科大学専任講師、1965年国士舘大学専任講師、1966年鹿児島大学法文学部助手、67年講師、1968年東京水産大学講師、70年助教授、80年教授、99年定年退官、名誉教授、2001年立正大学教授、2006年定年。『フレーゲ著作集』で2000年日本翻訳出版文化賞受賞[1]

著書編集

  • 『よくわかる記号論理』勁草書房 2005
  • 『現代における哲学の存在意味 論理・言語・認識』北樹出版 2006

翻訳編集

論文編集

脚注編集