メインメニューを開く

藤橋村(ふじはしむら)は、岐阜県揖斐郡にあったである。2005年平成17年)1月31日に揖斐郡内の他5町村と合併して揖斐川町になった。合併するまでは日本一人口密度が低い(1.43人/km²市町村だった(2014年6月現在は福島県南会津郡檜枝岐村:1.56人/km²)。

ふじはしむら
藤橋村
廃止日 2005年1月31日
廃止理由 新設合併
(旧)揖斐川町、谷汲村春日村
久瀬村藤橋村坂内村揖斐川町
現在の自治体 揖斐川町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
揖斐郡
団体コード 21407-8
面積 324.48km2
総人口 464
推計人口[1]、2005年1月1日)
隣接自治体 本巣市
揖斐郡 坂内村久瀬村
福井県 大野市今立郡池田町
南条郡今庄町
村の木 ケヤキ
村の花 フジ
村の鳥 ブッポウソウ
藤橋村役場
所在地 501-0801
岐阜県揖斐郡藤橋村西横山410-5
外部リンク 岐阜県藤橋村
国立国会図書館によるアーカイブ
座標 北緯35度35分5.1秒 東経136度27分26.5秒 / 北緯35.584750度 東経136.457361度 / 35.584750; 136.457361座標: 北緯35度35分5.1秒 東経136度27分26.5秒 / 北緯35.584750度 東経136.457361度 / 35.584750; 136.457361
藤橋村の位置
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

岐阜県西部、福井県との県境に位置していた。面積は広いが山林が97.1%を占めた。北部はかつて徳山村だった地域で、徳山ダム建設に伴い旧徳山村民はすべて移転したため、居住区は南部に限られていた。最高峰能郷白山(標高1,617m[2]

気候編集

年平均気温は11.3、年間降水量は3,244mmと非常に多く、冬には2.5mを超える積雪に覆われることもあり[3]、旧徳山村の区域は特別豪雪地帯、それ以外の区域は豪雪地帯の指定を受けていた[4]

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

行政編集

教育編集

中学校編集

  • 藤橋村立藤橋中学校
    • 合併に伴って揖斐川町立藤橋中学校となり、2007年(平成19年)3月31日閉校。

小学校編集

  • 藤橋村立藤橋小学校
    • 合併に伴って揖斐川町立藤橋小学校となり、2007年(平成19年)3月31日閉校。現:私立西濃学園中学校。

交通編集

鉄道編集

道路編集

高速道路

一般国道

主要地方道

一般県道

名所・旧跡・観光スポット編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岐阜県の人口・世帯数 月報200501岐阜県人口動態統計調査
  2. ^ 徳山村との合併前は花房山(標高1,190m)
  3. ^ プロフィール:概要、藤橋村ホームページ(国立国会図書館によるウェブアーカイブ
  4. ^ 豪雪地帯対策特別措置法による指定豪雪地帯本巣市

関連項目編集

外部リンク編集