メインメニューを開く

藤沢 令夫(ふじさわ のりお、1925年6月14日 - 2004年2月28日)は、日本哲学者西洋古典学者。専攻はギリシア哲学京都大学名誉教授

藤沢 令夫
人物情報
生誕 (1925-06-14) 1925年6月14日
日本の旗 日本 長野県松本市
死没 (2004-02-28) 2004年2月28日(78歳没)
出身校 京都大学
学問
研究分野 西洋古典学
研究機関 九州大学
京都大学
京都国立博物館
主要な作品 『藤澤令夫 著作集』
影響を
受けた人物
北村透谷
学会 日本西洋古典学会 (第5代委員長)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

長野県松本市出身。旧制広島第一中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)の上級生だった頃に、西洋絵画集を買いラファエロの大作『アテナイの学堂』プラトンアリストテレスの部分を、切り取り部屋に飾った。北村透谷ホメロス在りし時、プラトン在りし時、彼の北斗は今と同じき光芒を放てり』という美文とあいまって、第三高等学校 (旧制)の受験勉強の気休めにしていたのが、哲学への憧憬のはじまりだったと回想している。(著書『プラトンの哲学』あとがきより)

1951年京都大学文学部哲学科卒業。在学中に知り合った梅原猛橋本峰雄とは、同級生でこの頃より親交があった。1958年九州大学文学部助教授、1963年京都大学文学部助教授、1969年教授。1989年に定年退官後名誉教授、京都国立博物館館長を歴任した。また1986年から1998年まで松平千秋の後任で、日本西洋古典学会委員長(第5代)に就いていた。

1993年紫綬褒章。1998年叙勲二等瑞宝章。2004年没時に叙正四位

主要な著作は『藤澤令夫 著作集』(全7巻 岩波書店)に収めている。京都大学学術出版会西洋古典叢書」の発足に寄与し、没時まで編集委員を務めた。

没後の2005年に『イリソスのほとり 藤澤令夫先生献呈論文集』(内山勝利、中畑正志編 世界思想社)が刊行された。

著書編集

  • 『実在と価値 哲学の復権』筑摩書房 1969
  • イデアと世界 哲学の基本問題』岩波書店 1980
  • 『ギリシア哲学と現代 世界観のありかた』岩波新書 1980
  • 『自然・文明・学問 科学の知と哲学の知』紀伊国屋書店 1983
  • 『プラトン『パイドロス』註解』岩波書店 1984
  • 『哲学の課題』岩波書店 1989
  • 『世界観と哲学の基本問題』岩波書店 1993
  • 『「よく生きること」の哲学』岩波書店 1995
  • 『プラトンの哲学』岩波新書 1998
  • 藤澤令夫著作集』(全7巻)岩波書店 2000-2001
    1. 実在と価値
    2. イデアと世界
    3. 世界観と哲学の基本問題
    4. プラトン『パイドロス』註解
    5. ギリシア哲学と現代
    6. 「よく生きること」の哲学
    7. 自然・文明・学問
  • プラトンの認識論とコスモロジー 人間の世界解釈史を省みて 岩波書店 2014

主な訳注書編集

  • 『プラトン著作集 第1巻 パイドロス<註解>』岩波書店 1957
  • 『プラトン著作集 第2巻 ゴルギアス<註解>』岩波書店 1960
  • ソポクレスオイディプス王岩波文庫 1967 改版2004 ワイド版2009
  • プラトン『パイドロス』岩波文庫 1967、改版2010
  • コルネリア・ド・フォーゲル『ギリシア哲学と宗教』筑摩叢書 1969、復刊1985
  • プラトン全集』(全14巻別巻1) 岩波書店 田中美知太郎共編 1974-1978、度々復刊
  • 『ギリシア哲学 シャトレ哲学史・西洋哲学の知 1』白水社 (監訳) 1976、新版1998
  • ジョン・L.アクリル『哲学者アリストテレス』山口義久共訳 紀伊国屋書店 1985
  • プラトン『国家』岩波文庫(上下) 1979、改版2008 ワイド版2002
  • プラトン『プロタゴラス-ソフィストたち』岩波文庫 1988
  • プラトン『メノン』岩波文庫 1994
  • プラトン『ゴルギアス』中公クラシックス 2002 - 新版

共編編集

  • 『哲学のすすめ』梅原猛、橋本峰雄共著 筑摩書房(学問のすすめ) 1969
  • 『哲学を学ぶ人のために』世界思想社 1972 (編著)
  • 『世界の思想家 1 プラトン』平凡社 1977
  • 『知の発見-叡知』広中平祐共著 てらこや出版 1983

栄典編集

参考編集

  • 『長野県人名鑑』1974年
  • 『人事興信録』1995年