メインメニューを開く

藤沢大坂町(ふじさわおおさかまち)は、神奈川県の中央南部、高座郡に属していた

藤沢大坂町
廃止日 1908年4月1日
廃止理由 新設合併
藤沢大坂町鵠沼村明治村藤沢町
現在の自治体 藤沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
高座郡
総人口 6,632
1907年
隣接自治体 高座郡鵠沼村、明治村、六会村
鎌倉郡俣野村玉縄村村岡村
藤沢大坂町役場
所在地 神奈川県高座郡藤沢大坂町字大久保町御殿辺2020番地
座標 北緯35度20分55秒 東経139度29分1秒 / 北緯35.34861度 東経139.48361度 / 35.34861; 139.48361座標: 北緯35度20分55秒 東経139度29分1秒 / 北緯35.34861度 東経139.48361度 / 35.34861; 139.48361
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

歴史編集

町名は、藤沢駅大久保町と藤沢駅坂戸町の合成地名である。

  • 1887年(明治20年)7月11日 - 藤沢駅(当時は路線名なし)が開業。
  • 1888年(明治21年) - 藤沢駅大久保町と藤沢駅坂戸町が合併して藤沢大坂町となる。大字は編成せず。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行[1]藤沢大坂町が一町で独立[2]
  • 1891年(明治24年) - 内田製糸所設立。
  • 1895年(明治28年) - 宮台製糸場設立。
    • 4月1日 - 線路名称が設定され、藤沢駅は東海道線の駅となる。
  • 1899年(明治32年)3月16日 - 相模共栄銀行(後に、(旧)関東銀行、関東興信銀行を経て、横浜銀行へ合併)設立。
  • 1900年(明治33年) - 藤沢精米合資会社・藤沢大坂町農会設立。
  • 1902年(明治35年) - 高座郡農事試験場設立。
  • 1903年(明治36年) - 羽生製糸場設立。
  • 1905年(明治38年) - 田中製糸場設立。
  • 1907年(明治40年)10月1日 - 鎌倉郡藤沢大富町を編入合併。大字なしの地域のほかに2大字を編成する。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 藤沢大坂町、鵠沼村および明治村を廃止し、その区域をもって高座郡藤沢町(現在の藤沢市)とする[3]。藤沢町役場は、藤沢大坂町役場(元藤沢大坂町2020番地[4])がそのまま使われた(後に移転)。
  • 1908年(明治41年)10月1日 - 元藤沢大坂町の区域に大字名を藤澤と付して施行する[5]
    現在は、藤沢市の藤沢および善行地区が該当する。

経済編集

産業編集

商工業
  • 今井治兵衛(米穀、肥料商)[6]
  • 豊元屋・新出喜八(米穀、肥料、西洋小間物商、精米製粉業)[6]
  • 三河屋・竹下福太郎(米穀、肥料商)[6]
  • 小林和吉(米穀、肥料商)[6]
  • 駿河屋・外岡豊蔵(米穀、肥料商)[6]
  • 高梨・高梨吉治郎(米穀、肥料商)[6]
  • 高田屋・山本松五郎(米穀、肥料商)[6]
  • ふくしま・福島市蔵(煙草、米穀、肥料商)[6]
  • 大野屋・小島萬蔵(米穀、荒物、質屋業)[6]
  • 中徳・中村徳治郎(貸座敷業)[6]
  • 大磯屋・猪飼勝治郎(貸座敷業)[6]
  • 大磯屋・猪飼勝治郎(類、売薬商)[6]
  • 鎌倉屋・平野松兵衛(和漢洋薬品販売)[6]
  • 綿屋・岩橋善兵衛(古着、質商)[6]
  • 片濱屋・片濱屋龜五郎(旅館)[6]
  • 龜屋・橋本四平(貸座敷業)[6]
  • 土屋・林元治郎(材木、太鼓商)[6]
  • 稲元屋・堀内忠道(呉服、太物、下駄商)[6]
  • 大澤・大澤利七(材木商)[6]
  • 紀伊國屋・和田文七(陶器、漆器、荒物傘、蝋燭商)[6]
  • 豊元屋・川上九兵衛(紙、畳表、荒物、砂糖、書籍商)[6]
  • 煙草屋・梶荘右衛門(網、麻、油商、麻糸製造業)[6]
  • 駿河屋・酒井嘉七(綿類、糸類、畳表販売)[6]
  • 米山工場・米山留吉(諸機械、汽缶製造)[6]
  • 稲元屋・寺田三郎兵衛(呉服、太物商)[6]
  • 田村・田村安兵衛(呉服、太物商)[6]
  • 田村・田村次衛(呉服、太物商)[6]
  • 日野屋・櫻本喜兵衛(清酒醸造業)[6]
  • 牧野屋・平野藤右衛門(清酒醸造業)[6]
  • 北泉・北畠忠兵衛(銅鉄鋳物製造業)[6]
  • 萬屋・宮崎兼次郎(乾物鰹節商)[6]
  • 小林房次郎(荒物商)[6]
農業
  • 中野仲蔵[6]

地域編集

施設編集

交通編集

鉄道路線編集

  • 藤沢駅(東海道線)

道路編集

出身・ゆかりのある人物編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^   1889年(明治22年)3月11日神奈川県令第10号. 市制町村制施行ノ件 (明治22年神奈川県令第10号). - ウィキソース. 
  2. ^ 1989年(明治22年)3月31日神奈川県令第9号「町村分合改稱」別冊
  3. ^ 藤沢市のあゆみ
  4. ^ 1908年(明治41年)3月31日神奈川県告示第84号「藤澤町役場位置」
  5. ^ 『神奈川県公報』第1337号57ページ「大字名附設」、1908年(明治41年)9月22日
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap 『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』227-232頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月18日閲覧。

参考文献編集

  • 小幡宗海編『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』神奈川文庫事務所、1900年。

関連項目編集