メインメニューを開く

藤沢 東畡(ふじさわ とうがい、寛政6年12月13日1795年2月2日) - 元治元年12月16日1865年1月13日))は、儒学者。

讃岐生まれ。名は甫(はじめ)、字は元発、通称は昇蔵、別号は泊園。中山城山に儒学を学び、25歳で長崎に遊学、文政7年(1824年)大坂に出て泊園書院を設立、『原聖志』『思問録』などを出して名声があがり、在坂のまま高松藩に召し抱えられる。長男が藤沢南岳で、明治17年(1884年)に南岳編の『東畡先生文集』が出た。