藤沢町

日本の岩手県東磐井郡にあった町

藤沢町(ふじさわちょう)は、2011年平成23年)まで岩手県東磐井郡にあった。現在は一関市のうち、藤沢町を冠する各大字にあたる。

ふじさわちょう
藤沢町
大籠殉教記念クルス館
大籠殉教記念クルス館
藤沢町旗 藤沢町章
藤沢町旗 藤沢町章
廃止日 2011年9月26日
廃止理由 編入合併
藤沢町一関市
現在の自治体 一関市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
東磐井郡
市町村コード 03422-3
面積 123.15 km2.
総人口 8,960
推計人口、2011年9月1日)
隣接自治体 岩手県一関市
宮城県登米市気仙沼市
町の木
町の花
町の鳥 山鳩
藤沢町役場
所在地 029-3405
岩手県東磐井郡藤沢町藤沢字町裏105
外部リンク 藤沢町
Wayback Machine
座標 北緯38度51分31秒 東経141度20分57秒 / 北緯38.85853度 東経141.34928度 / 38.85853; 141.34928座標: 北緯38度51分31秒 東経141度20分57秒 / 北緯38.85853度 東経141.34928度 / 38.85853; 141.34928

藤沢町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理

編集

自然

編集
  • 山岳:保呂羽山、高鳥兎山、献上山など
  • 河川北上川、黄海川など
  • ダム:金越沢ダム(ほろわ湖)、相川ダム英語版(まさぼう湖)、千松ダム(せんまつ湖)

歴史

編集

年表

編集

一関市との合併協議

編集
  • 2004年(平成16年)に旧・一関市を中心とした両磐地区の合併機運に賛同し、新市への参画に加わる道を模索したが、当時は藤沢町は国営農地開発事業等により債務が過大で、合併した場合に新市への負担が大きいと判断されたことなどから、合併協議に加わることができなかったため、2005年(平成17年)の新・一関市誕生は藤沢町抜きで行われた。以降町は宮城県登米市気仙沼市)と一関市に挟まれ、孤立した状態にあったが、2010年(平成22年)4月に「一関市・藤沢町合併協議会」が設立[4]。2011年(平成23年)3月に岩手県議会で合併議案が可決され、5月に官報で告示された。

行政

編集

首長

編集

歴代村長

編集
氏名 就任日 退任日 備考
1 斎藤権平 1889年(明治22年)6月3日 1897年(明治30年)5月28日
2 藤本真弘 1897年(明治30年)5月29日 1899年(明治32年)2月25日
3 熊谷左一郎 1899年(明治32年)4月25日 1899年(明治32年)10月11日
4 佐伯秀八郎 1899年(明治32年)10月20日 1926年(大正15年)5月31日

歴代町長

編集
氏名 就任日 退任日 備考
藤沢町(1926年 - 1955年)
1 佐伯秀八郎 1926年(大正15年)6月1日 1927年(昭和2年)12月19日 村長より留任
2 高橋孝三郎 1928年(昭和3年)2月25日 1929年(昭和4年)12月10日
3 橋本弥充 1929年(昭和4年)12月16日 1932年(昭和8年)12月10日
4 千葉需 1934年(昭和9年)1月28日 1942年(昭和17年)1月27日
5 及川孝一 1942年(昭和17年)1月28日 1946年(昭和21年)1月27日
6 五十嵐三五郎 1946年(昭和21年)4月10日 1946年(昭和21年)11月12日
7 阿部武彦 1947年(昭和22年)4月7日 1955年(昭和30年)3月31日
新 藤沢町(1955年 - 2011年)
1 岩淵道信 1955年(昭和30年)5月 1963年(昭和38年)5月 元黄海村長
2 皆川金治 1963年(昭和38年)5月 1971年(昭和46年)5月
3 佐々木要一郎 1971年(昭和46年)5月 1978年(昭和53年)12月
4 佐藤守 1979年(昭和54年)1月28日 2006年(平成18年)12月
5 畠山博 2007年(平成19年)1月 2011年(平成23年)9月25日

対外関係

編集

姉妹都市

編集

2008年(平成20年)3月にクイーンズランド州内の自治体再編が州政府によって行われ、「国際友好親善の町」として提携(1993年7月)していたデュアリンガ町Duaringa Shireが隣接する3自治体と合併し、新たな自治体(セントラルハイランズ市 )として誕生した。このため、両市町では2008年(平成20年)8月29日にオーストラリアで、2008年(平成20年)11月3日には日本で提携調印式を行い、新たな交流を誓い合った。両市町では、前回の提携(1993年)以来相互に中学生、高校生などによるホームステイ交流をはじめ、息の長い草の根交流を続けていた。

地域

編集

人口

編集
 
藤沢町と全国の年齢別人口分布(2005年時点) 藤沢町の年齢・男女別人口分布(2005年時点)
藤沢町の人口の推移
1970年(昭和45年) 12,561人
1975年(昭和50年) 11,735人
1980年(昭和55年) 11,434人
1985年(昭和60年) 11,217人
1990年(平成2年) 11,149人
1995年(平成7年) 10,836人
2000年(平成12年) 10,452人
2005年(平成17年) 9,904人
2010年(平成22年) 9,065人
総務省統計局 国勢調査より

各地区の人口・世帯数

編集

2011年9月時点の各地区の人口と世帯数[5]

増減率は5年前の2006年9月時点との比較[6]

地区名 人口 世帯
男性 女性 増減 世帯数 増減
藤沢 不明 2,933人 -10.14% 1,016世帯 -3.69%
黄海 2,435人 -7.59% 726世帯 -0.27%
八沢 2,407人 -3.41% 789世帯 1.67%
保呂羽・大籠 1,348人 -9.59% 419世帯 -3.23%
合計 4,487人 4,636人 9,123人 -7.68% 2,950世帯 -1.40%

公的機関

編集

警察

編集

岩手県警察

  • 千厩警察署(管轄:東磐井郡)
    • 藤沢駐在所
    • 黄海駐在所
    • 保呂羽駐在所

消防

編集

両磐地区消防組合

  • 千厩消防署藤沢分署

医療

編集
 
藤沢町民病院(2018年6月)

公共施設

編集

主な施設を掲載。

図書館

  • 藤沢町立図書館

文化施設

公民館

  • 藤沢公民館
  • 黄海地区公民館
運動施設

藤沢地区

  • 藤沢体育館
  • 藤沢スポーツプラザ
  • 藤沢テニスコート
  • 藤沢運動広場

徳田地区

  • ニコニコパーク:藤沢B&G海洋センター、ニコニコドーム、すぱーく藤沢
  • コミュニティ体育館徳田ふれあいランド(旧・町立徳田小学校体育館)

新沼地区

  • 藤沢スポーツランド

保呂羽地区

大籠地区

経済

編集

第一次産業

編集

農業

編集

畜産

編集
  • 磐井牛の生産地(磐井牛の肥育が行われている)

町内に本社及び拠点事務所を置く主な企業

編集
  • SHOEI(ヘルメット)
  • 大昌電子
  • アーク(農業サービス)
  • 長島製作所
  • 和興ニット
  • オージェイテキスタイル
  • マーナーコスメチックス

郵便

編集

郵便局

  • 藤沢郵便局(集配局)
  • 黄海郵便局
  • 保呂羽郵便局

簡易郵便局

  • 大籠簡易郵便局
  • 八沢簡易郵便局

教育

編集

町内に高等学校は所在しない。最寄りの高校は岩手県立千厩高等学校(一関市千厩町)。

高等学校

編集

※以下は廃校

中学校

編集
  • 藤沢町立藤沢中学校

※以下は廃校

  • 藤沢町立大津保中学校(1956年・大籠中学校と保呂羽中学校へ分割)
  • 藤沢町立曲田中学校(1963年・黄海中学校へ統合)
  • 藤沢町立藤沢中学校(1969年・新設の藤沢中学校〈2代目〉へ統合)
  • 藤沢町立大籠中学校(同上)
  • 藤沢町立保呂羽中学校(同上)
  • 藤沢町立八沢中学校(同上)
  • 藤沢町立藤沢中学校〈2代目〉(2004年・新設の藤沢中学校〈3代目〉へ統合)
  • 藤沢町立黄海中学校(同上)
 
元藤沢高等学校の藤沢中学校(2023年12月)

小学校

編集

※以下は廃校

  • 藤沢町立黄海小学校中山分校(1968年・黄海小学校へ統合)
  • 藤沢町立黄海小学校深萱分校(1973年・藤沢小学校〈旧〉へ統合)
  • 藤沢町立藤沢小学校西口分校(同上)
  • 藤沢町立藤沢小学校本郷分校(同上)
  • 藤沢町立曲田小学校(1973年・黄海小学校へ統合)
  • 藤沢町立藤沢小学校(2009年・新設の藤沢小学校〈新〉へ統合)
  • 藤沢町立徳田小学校(同上)
  • 藤沢町立保呂羽小学校(同上)
  • 藤沢町立大籠小学校(同上)

未就学児施設

編集

保育園

  • 藤沢町立藤沢保育園〈2代目〉
  • 藤沢町立黄海保育園
  • 藤沢町立新沼保育園(旧:藤沢町八沢保育園)

幼稚園

  • 藤沢町立藤沢幼稚園[注釈 1]
  • 藤沢町立黄海幼稚園

※以下は廃止

  • 藤沢幼稚園(1980年・町立藤沢幼稚園の開園にあわせ、閉園)[7]
  • 藤沢町立西口保育所(1984年・藤沢保育園へ統合)[8]
  • 藤沢町立本郷児童館(1986年・藤沢保育園へ統合)[9]
  • 藤沢町立藤沢保育園〈初代〉(2009年・新設の藤沢保育園へ統合)
  • 藤沢町立徳田保育園(同上)
  • 藤沢町立保呂羽保育園(同上)
  • 藤沢町立大籠保育園(同上)
 
保呂羽保育園(2023年9月)

交通

編集

鉄道

編集

町内には鉄道はない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、千厩駅JR東日本大船渡線)。

路線バス

編集

岩手県交通が運行している。

2005年(平成17年)まで、上記岩手県交通路線バスのほか、宮交登米バス津谷 - 佐沼間の路線バスが藤沢町千松附近を通っていた。

道路

編集

一般国道

編集

県道

編集
主要地方道
編集
県道
編集

名所・旧跡・観光

編集

出身著名人

編集

関連人物

編集

縄文の炎・藤沢野焼祭の関係者

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 1980年に閉園した私立の「藤沢幼稚園」とは異なる[7]

出典

編集
  1. ^ 境目調査ファイルNo.1「旧藤沢町」”. いちのせき市民活動センター (2020年10月). 2023年10月11日閲覧。
  2. ^ 第1章 被災状況”. 岩手県. 2022年8月12日閲覧。
  3. ^ 新「一関市」スタート 藤沢支所で開庁式」『岩手日日』2011年9月27日。2023年10月1日閲覧。オリジナルの20時点におけるアーカイブ。
  4. ^ 「合併協議を開始 一関市、藤沢町」『岩手日日』2010年4月23日。
  5. ^ 広報ふじさわ 第692号(最終号)”. 藤沢町. p. 44. 2011年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月18日閲覧。
  6. ^ 広報ふじさわ 第632号”. 藤沢町. p. 50. 2011年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月18日閲覧。
  7. ^ a b 藤沢町教育委員会 2011, pp. 337–338.
  8. ^ 藤沢町教育委員会 2011, pp. 343–344.
  9. ^ 藤沢町教育委員会 2011, pp. 340–341.
  10. ^ 「国士舘(東京)豪快V2 男子団体 県人監督が”地元優勝” 国士舘の岩渕さん」『岩手日報』1999年8月11日。
  11. ^ 魂の浪花節 とどろかせ 25日に引退公演(東京・浅草木場亭)藤沢出身ベテラン全盲浪曲師・大利根勝子さん【一関】」『岩手日日』2023年2月21日。2023年2月21日閲覧。オリジナルの2023年3月19日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ 屋須弘平物語 さくら”. 2023年1月12日閲覧。

参考文献

編集
  • 藤沢町教育委員会 編『藤沢町史 現代編』藤沢町、2011年9月25日。 

関連項目

編集

外部リンク

編集

アーカイブサイト