メインメニューを開く
藤波言忠

藤波 言忠(ふじなみ ことただ、嘉永6年9月12日1853年10月14日) - 大正15年(1926年5月24日)は、日本の華族宮中顧問官、政治家。正二位[要出典]勲一等子爵

目次

生涯編集

広橋邸にて広橋胤保の次男として生まれる。文久3年(1863年)頃に藤波教忠養子となる。明治5年(1872年)に福羽美静の門弟となる。同級に元田永孚加藤弘之がいた。

明治10年(1877年)に侍従試補に、明治12年(1879年)には侍従になる。明治17年(1884年)7月8日に子爵を授かる。明治22年(1889年)には侍従を退き、宮内省主馬頭になる。この間にウィーンに派遣され、国家学ローレンツ・フォン・シュタインに学んだ。帰国後にした進講は四か月ほどで33回もした。明治天皇昭憲皇太后両方の崩御の時にどちらとも大喪使事務官を務めた。翌年に延期された大正天皇大礼使車部長を務め、大正5年(1916年)1月8日に主馬頭を辞め、専任宮中顧問官貴族院勅選議員となる[1]。同年から『明治天皇紀』の編修に尽くしたが、完成前の大正15年(1926年)5月25日に死去。享年74。

馬との関わり編集

明治天皇の信頼厚い侍従である藤波は明治憲法制定など重要な場面にしばしば登場している。明治政府にとっては軍事・農業・荷役などで重要な馬の改良や増産は国家的課題だったが藤波は馬政にも大きくかかわっている。藤波は宮内省主馬頭として御料牧場の発展に貢献し、馬匹改良30年計画などにも参画している。また、明治17年からの上野不忍池競馬は国家的行事として行われていたが、藤波はそれの運営組織共同競馬会社の幹事も務め、当時の有力馬「墨染」(生涯成績39戦28勝)の馬主でもある。競馬の開催で駿馬の生産を促し駿馬を増やすことで馬匹の改良につなげる方針で日露戦争後の馬券黙許の実現にも関わっている[2](馬券黙許時代に全国に競馬会・競馬場が林立し現代競馬につながっている)。

家族編集

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1029号、大正5年1月10日。
  2. ^ 立川健治『文明開化に馬券は舞う -日本競馬の誕生-』競馬の社会史叢書(1)、世織書房、2008年、3-5,508-509頁。
  3. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  4. ^ 『官報』第5542号「叙任及辞令」1901年12月21日。
  5. ^ 『官報』第308号、1884年7月9日。
  6. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  7. ^ 『官報』第3451号「叙任及辞令」1894年12月27日。
  8. ^ 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。
  9. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。
  12. ^ 『官報』第2378号「叙任及辞令」1891年6月5日。
  13. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。
  14. ^ a b 『官報』第4810号「敍任及辞令」1899年7月14日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
藤波家初代
1884年 - 1926年
次代:
藤波茂時