メインメニューを開く

藤浪 剛一(ふじなみ ごういち、1880年6月7日 - 1942年11月29日)は、日本の医学者放射線科医。父は医師の藤浪万得、兄は病理学者藤浪鑑。妻は青鞜社発起人の一人でもある小説家物集和子

愛知県名古屋市出身。岡山医学専門学校卒業後、同校の病理学教室に入る。1908年よりウィーン大学に留学し、レントゲン学を学ぶ。1912年に帰国して順天堂医院レントゲン科長となり、1920年からは慶應義塾大学の教授を務めた。

レントゲン学の第一人者で温泉学・医学史の分野においても数多くの業績を残している。

目次

人物編集

剛一は、偉人や著名人の墓を訪ね歩く掃苔活動を趣味とし、同好団体の東京名墓顕彰会を設立したほどであった[1]。妻の和子も同会の機関誌『掃苔』の編集を手伝ううちに影響されて掃苔に没頭していき[2][3]、家事の合間を縫って東京の諸寺院を巡り、各故人の墓を調査するようになり、1940年(昭和15年)にはその成果をまとめた『東京掃苔録』を出版するに至った[3]。同書は593寺・2477名を収録しており、以後も再版が繰り返されている名著である[4][5]

主な著作編集

  • 藤浪剛一, 福光廉平共述『内臓レントゲン診断学』南山堂, 1916年.
  • 藤浪剛一, 原邦郎著『レントゲン深部放射の一般概念』 吐鳳堂書店, 1928年.
  • 藤浪剛一[ほか]共著『れんとげん学』 改訂第5版, 南山堂, 1928年.

脚注編集

参考文献編集

  • 大鳥蘭三郎「故藤浪剛一先生略歴及び病歴」『日本医史学雑誌』第1315号, 1943年5月28日, 217-219頁.
  • 読売新聞 (1938年10月8日). “自慢一ト色 お墓 藤浪和子氏(談)”. 読売新聞 夕刊 (読売新聞社): p. 2 
  • 読売新聞 (1940年6月7日). “人の墓、浄めて六年 藤浪博士夫人の「東京掃苔録」上梓”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): p. 7 
  • 森, まゆみ「大正快女伝 35 物集和子 おだやかな掃苔の日々」『本の話』第10巻第7号、文藝春秋、2004年7月1日、 74-77頁、 NAID 40006296424

外部リンク編集