メインメニューを開く

藤田佳久(ふじた よしひさ、1940年昭和15年)11月1日[1] - )は、日本地理学者愛知大学名誉教授

目次

来歴・人物編集

愛知県豊橋市出身[1]愛知学芸大学学芸学部卒業、1967年(昭和42年)名古屋大学大学院文学研究科博士課程中退。1976年(昭和51年)「日本における育成林業地域の形成に関する研究」で東京教育大学理学博士名古屋大学教育学部附属高等学校教諭奈良大学教授、愛知大学文学部助教授を経て、教授。2011年平成23年)定年で退任して、名誉教授となる。

近年は東亜同文書院大学について研究している。

著書編集

  • 『日本の山村』地人書房 1981
  • 『奥三河山村の形成と林野』愛知大学綜合郷土研究所編 名著出版 1992
  • 『日本・育成林業地域形成論』古今書院 1995
  • 『大工場のあるまち 自動車工業と人びとのくらし』小峰書店 1997 ふるさとのくらし日本のまちとむら
  • 『日本山村の変容と整備論』地人書房 1998
  • 『吉野林業地帯』古今書院 1998
  • 『東亜同文書院中国大調査旅行の研究』大明堂 2000 愛知大学文學会叢書
  • 『生きている霞堤 豊川の伝統的治水システム』あるむ 2005 愛知大学綜合郷土研究所ブックレット
  • 『東亜同文書院生が記録した近代中国』あるむ 2007 愛知大学東亜同文書院ブックレット
  • 『東亜同文書院生が記録した近代中国の地域像』ナカニシヤ出版 2011
  • 『日中に懸ける 東亜同文書院の群像』中日新聞社 2012

共編著編集

  • 『中国を越えて』編著 大明堂 1998 東亜同文書院・中国調査旅行記録
  • 『人と土地が刻んだ地域システムを追う』編著 豊橋市教育委員会 1999 二川宿総合調査 地理編
  • 『中国を記録する』編著 大明堂 2002 東亜同文書院・中国調査旅行記録
  • 『日本の地誌 中部圏 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・富山県・石川県・福井県』田林明共編 朝倉書店 2007
  • 『アジアの歴史地理 林野・草原・水域』小長谷有紀中里亜夫共編 朝倉書店 2007
  • 『山村政策の展開と山村の変容』編著 原書房 2011
  • 満州を駆ける』編著 不二出版 2011 東亜同文書院中国調査旅行記録

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.340

参考編集

  • 藤田佳久教授 略歴・主な著書業績 愛知大学文学論叢 2011-03