メインメニューを開く
1990

藤田 喬平(ふじた きょうへい、1921年4月28日 - 2004年9月18日)は、東京府豊多摩郡大久保町(現・東京都新宿区百人町)生まれのガラス工芸家

東京美術学校彫金を学ぶが、途中でガラス工芸に転向する。その後、イタリアで学んだ色ガラスと金箔を混ぜた飾筥(かざりばこ)で独自のガラス工芸分野を確立した。

1989年平成元年)日本芸術院会員、1997年(平成9年)文化功労者1999年(平成11年)、市川市名誉市民、2002年(平成14年)文化勲章受章[1]

宮城県宮城郡松島町日本三景松島)に、藤田喬平ガラス美術館がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 藤田喬平 プロフィール”. 市川市. 2019年9月7日閲覧。

関連項目編集

  • 一の坊 - 藤田喬平ガラス美術館を運営している

外部リンク編集