メインメニューを開く

藤田 文江(ふじた ふみえ、1908年明治41年)9月29日 - 1933年昭和8年)4月24日[1][2][3])は、日本の詩人。鹿児島県大島郡名瀬村(現・奄美市)生まれ、鹿児島県立第二高等女学校および鹿児島女子師範学校卒業[1][2]

人物編集

鹿児島市台湾と転居し[2]、14歳まで台湾で過ごす。台北第二高等女学校に入学。再び鹿児島に転居し、鹿児島県立第二高等女学校に編入、卒業[2][3]。鹿児島女子師範学校に進学、卒業し小学校教師になるが、病弱のため退職[1][3]。その後鹿児島女子師範学校の専攻科に進学。

鹿児島県立第二高等学校時代に詩作を始める。1926年、新屋敷幸繁(第七高等学校造士館教授)が発行する詩誌「南方楽園」に参加[1][2]。新屋敷つる子主宰の女性詩誌「くれない」の同人にもなるが[2][3]、「くれない」第4号で脱退。詩誌「松籟」を創刊[3]1930年、宮崎孝政編集の「詩神」に掲載した詩で新人推薦をうける。1931年、詩誌「鬣」の同人となるが、1932年に「鬣」は終刊。詩誌「牧神」、「茉莉」などへも詩を発表。また、永瀬清子と文通をおこなう[1]1933年、万国婦人子供博覧会に応募した詩が一等入選し、コロンビアから古関裕而作曲でレコード化される[1][2]。地元の鹿児島新聞(後の南日本新聞)に「昭和鹿児島の紫式部」と讃えられる[1][3]

第一詩集『夜の聲』の刊行直前の1933年4月24日に急性膵臓炎による腹痛を発し急死[1][2][3]。満24歳没[1][3]

作風編集

フランスの詩人シャルル・ボードレールの影響を受けており、感覚的、官能的な、夜をテーマにした詩が多い[1][2]

出典編集

  • 『夜の聲 復刻版』(藤田文江、鹿児島詩話会、1991年)
  1. ^ a b c d e f g h i j 夜の聲(抄)”. 日本ペンクラブ電子文藝館. 日本ペンクラブ (2009年11月24日). 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 20世紀日本人名事典『藤田 文江』 - コトバンク
  3. ^ a b c d e f g h 鹿児島市男女共同参画推進化「鹿児島にゆかりの女性たち (PDF) 」 『すてっぷ』第34巻、鹿児島市、2014年3月。