藤田玲子

日本の原子力工学者

藤田 玲子(ふじた れいこ、1953年 - ) は、日本の原子力工学者。東芝首席技監を経て、内閣府革新的研究開発推進プログラムプログラム・マネージャーや、女性初の日本原子力学会会長を務めた。

人物・経歴編集

東京都生まれ。早稲田大学理工学部卒業後[1]、1979年東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻修士課程修了。1982年東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻博士課程修了。1983年東芝入社、原子力技術研究所。1995年日本原子力学会技術賞受賞。1999年日本原子力学会論文賞受賞。2012年東芝電力システム社電力・社会システム技術開発センター首席技監。2014年内閣府革新的研究開発推進プログラムプログラム・マネージャー。次世代燃料再処理技術専攻で、乾式再処理技術開発の第一人者とされ、女性初の日本原子力学会会長も務めた[2][3][4]。2018年藤田プログラム「核変換による高レベル放射能廃棄物の大幅な低減・資源化」が全国発明表彰21世紀発明賞を受賞[5]博士・理学[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
先代:
堀池寛
原子力学会会長
2014年 - 2015年
次代:
上塚寛