メインメニューを開く

藤田 直哉(ふじた なおや、1983年5月15日 - )は、日本SF文芸評論家日本映画大学専任講師[1]二松學舍大学和光大学女子美術大学非常勤講師[2]。学位は博士(学術)東京工業大学・2014年)。

目次

略歴編集

北海道札幌市生まれ[3]北嶺高等学校中退後、大検を経て早稲田大学第一文学部(文芸専修)に入学。

2003年、早稲田映画まつり入選。

東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻修了[3]。博士(学術)。

2008年2月、スティーヴン・キングダーク・タワー』を論じた「消失点、暗黒の塔――『暗黒の塔』第5部、6部、7部を検討する」で第3回日本SF評論賞選考委員特別賞を受賞しデビュー。

2008年3月から2009年8月にかけて行われた、『東浩紀のゼロアカ道場』に参加。

2010年、ジェンダーSF研究会の主催する「センス・オブ・ジェンダー賞」の選考委員を福本直美、福島一実、鈴木とりことともに務めた。受賞作は茅田砂胡『スカーレット・ウィザード』(1999年7月 - 2001年11月、中央公論新社)。

2013年7月、『情況別冊 思想理論編 第2号』(2013年6月号別冊 情況出版)に「ゼロ年代批評の政治旋回――東浩紀論」を発表。

2014年4月、『虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』(2013年2月、作品社)にて第67回日本推理作家協会賞評論その他部門最終候補となる。この回の受賞作は清水潔『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』(2013年12月、新潮社)、谷口基『変格探偵小説入門――奇想の遺産』(2013年9月、岩波書店)。

2015年7月より、エキサイトニュースにてライター・編集者の飯田一史と文化放談を行っている。

2016年5月、一田和樹遊井かなめ、七瀬晶、千澤のり子との共著『サイバーミステリ宣言!』(2015年、KADOKAWA)にて第16回本格ミステリ大賞評論・研究部門候補。落選。浅木原忍『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド 増補改訂版』(2015年11月、Rhythm Five)が受賞。

2017年3月、飯田一史、海老原豊、宮本道人との座談会「震災のはざまで、僕らは」が週刊読書人に掲載される。

2018年1月よりART iTにおける田中功起の連載「田中功起 質問する」に登場。往復書簡を交わしている。

2019年4月、震災文芸誌『ららほら』を創刊した[1]

著作編集

単著編集

  • 『虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』作品社、2013年1月
  • 『シン・ゴジラ論』作品社、2016年12月
  • 『新世紀ゾンビ論――ゾンビとは、あなたであり、わたしである』筑摩書房、2017年3月
  • 『娯楽としての炎上――ポスト・トゥルース時代のミステリ』南雲堂、2018年9月

共著・編著編集

  • 『社会は存在しない:セカイ系文化論』南雲堂、2009、共著
  • 『サブカルチャー戦争:「セカイ系」から「世界内戦」へ』南雲堂、2010、共著
  • 『3・11の未来:日本・SF・想像力』作品社、2011、共編著
  • 『ゼロ年代+の映画:リアル、フェイク、ガチ、コスプレ』河出書房新社、2011、共著
  • 『floting view:郊外からうまれるアート』トポフィル、2011、共著
  • 『21世紀探偵小説:ポスト新本格と論理の崩壊』南雲堂、2012、共著
  • 『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』南雲堂、2013、共編著
  • 『Fate/Plus 虚淵玄 Lives 〜解析読本』河出書房新社、2014、共著
  • 『文化亡国論』響文社、2015、笠井潔との対談
  • 『蘇る伊藤計劃』宝島社、2015、共著
  • 『サイバーミステリ宣言!』角川書店、2015、共著
  • 『ビジュアル・コミュニケーション 動画時代の文化批評』南雲堂、2015、共著
  • 『地域アート 美学/制度/日本』堀之内出版、2016、編著
  • 『東日本大震災後文学論』(限界研)南雲堂、2017、共編著

受賞歴編集

  • 「消失点、暗黒の塔――『暗黒の塔』第5部、6部、7部を検討する」にて、第3回日本SF評論賞選考委員特別賞

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 藤田直哉専任講師が文芸誌「ららほら」を創刊”. 日本映画大学 (2019年5月9日). 2019年6月12日閲覧。
  2. ^ 藤田直哉 (ふじた なおや)”. cakes. 株式会社ピースオブケイク. 2019年6月12日閲覧。
  3. ^ a b シン・ゴジラ論 : 藤田直哉”. HMV&BOOKS online. 2019年4月17日閲覧。

外部リンク編集