メインメニューを開く
青木春男(1953年)

藤田航空(ふじたこうくう、欧文名:Fujita Airlines)とはかつて日本に存在した航空会社である。航空機使用事業免許第1号[1]

目次

歴史編集

戦前、日本の航空機メーカーであった立川飛行機のテストパイロットであった青木春男が不定期航空事業の認可を受け、青木航空として1952年4月26日に設立され、9月からセスナ 170で運航を開始した[1]全日空に連なる企業としては傍系かつ小規模ではあるが、青木航空が最も早く設立および運航を開始している。

その後、資本金の増資に伴い日本遊覧航空1956年6月)そして藤田航空1961年6月)と社名を変更された。おもに伊豆諸島を中心に運航していた[2]。また全日空から羽田〜八丈島などの路線を移管され、定期航空路を運航していた。しかしながら、営業状態は芳しくなく1963年に航空事業から撤退することになった。そして11月1日付けで全日空へ吸収合併された[2][3]

事故編集

営業停止直前の1963年8月17日、デ・ハビランド ヘロン機体記号:JA6155)が八丈島離陸直後、八丈富士山腹に墜落する事故が発生。この事故で乗員乗客19人が犠牲になった。当時、事故機のヘロンJA6155は東亜航空へ貸与中だが、フォッカー F27 フレンドシップが定期点検中で、団体輸送のため藤田航空へ帰籍し臨時便として運航されていた。なお事故原因は確定されていないがエンジントラブル説が有力である。

使用機材(回転翼機除く)編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 9月、セスナ170Bによる航空機使用事業免許第1号取得 - 日本航空史編纂委員会編纂 財団法人日本航空協会刊『日本航空史(昭和戦後編)』ゼネラル航空編
  2. ^ a b 八丈島空港の沿革 (PDF) - 東京都八丈町勢要覧2017本編 8ページ
  3. ^ 11月1日 全日空、藤田航空と合併 - 日本航空史編纂委員会編纂 財団法人日本航空協会刊『日本航空史(昭和戦後編)』民間輸送編

関連項目編集