藤田菜七子

日本の女性競馬騎手

藤田 菜七子(ふじた ななこ、1997年8月9日 - )は、日本中央競馬会(JRA)所属の騎手根本康広厩舎美浦トレーニングセンター)所属。マネジメント先はホリプロ

藤田菜七子
Nanako Fujita
Nanako Fujita 20160306.jpg
デビュー当時の藤田
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県北相馬郡守谷町
(現:守谷市[1]
生年月日 (1997-08-09) 1997年8月9日(23歳)
身長 157.4 cm[2]
体重 45.6 kg[2]
血液型 A型[2]
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 根本康広美浦
初免許年 2016年
免許区分 平地・障害[3]
テンプレートを表示

16年ぶりに誕生したJRA生え抜きの女性騎手として注目を集め[4]2018年にJRA女性最多勝利記録を樹立[5]。翌2019年には女性騎手としては史上2人目、JRA所属の女性騎手としては初のJRA重賞制覇を果たした[注 1][6]

来歴・人物編集

競馬とは関係のない家庭で生まれ[7]、藤田が小学校6年生の時にテレビ中継で競馬を見て騎手を志す[8]。美浦トレーニングセンターの乗馬苑に通っていたほか[9]、小・中学校では空手剣道を習い、どちらも有段者となっている[10]守谷市立けやき台中学校を卒業後[11]、2013年に競馬学校第32期生として入学[12]。卒業後の2016年に騎手免許を取得してデビュー、JRA所属の女性騎手としては西原玲奈以来となった[13]

所属する根本厩舎は藤田の他にも丸山元気野中悠太郎の両騎手も所属しており、1厩舎に3人の騎手が所属すると言う、フリー騎手の多くなった21世紀では極めて珍しい状況となった[14](競馬学校開設以降では、1厩舎の所属騎手数は多くても2人までの所属が慣例であった)。

目標とする騎手として、藤田と同じく女性騎手であるリサ・オールプレス ニュージーランド)の名前を挙げている[8][15]

騎手デビュー後編集

2016年編集

増沢由貴子(デビュー時の姓は牧原)が2013年に引退して以降、JRA所属の女性騎手は不在であったが、藤田のデビューで3年ぶりにJRA所属の女性騎手が復活した。

藤田はJRAの新人騎手としては珍しく、デビューがJRAの競馬場ではなく地方競馬川崎競馬場(南関東)となり、同期の他のJRA新人騎手よりも早い実戦での騎乗となった。JRAでは久々の女性騎手となったこともあり、デビュー前より藤田の名前は各種メディアで取り上げられ、またデビュー当日の川崎競馬場では取材制限の実施を表明するほど、話題性の高い状況となった[16][17]

3月3日、川崎競馬第1競走でコンバットダイヤ(浦和)で初騎乗、2番人気に支持されるものの8着に終わった[18]。その日は6鞍に騎乗し、第5競走で騎乗したミスターナインワン(浦和)の2着が最高であったが第1競走以外は掲示板に入るなど健闘した[19]。JRA初騎乗は中山競馬第2競走で所属厩舎のネイチャーポイント[19]で、3番人気に推され、勝ち馬から3/4馬身差の2着となる。女性騎手の初騎乗としては牧原の4着を上回る記録となった[19]。3月20日の中山競馬第11競走スプリングステークスでモウカッテルに重賞競走初騎乗し、9着となる[20][21]。デビューから14日目での重賞競走初騎乗となり、細江純子のデビュー142日目での重賞初騎乗記録を更新した[20]

3月24日、浦和競馬第3競走でアスキーコードに騎乗し、36戦目(中央22、地方14)で初勝利を挙げた[22]。続く第6競走でも2勝目を挙げた[23]。1日に2勝はJRA所属の女性騎手として史上初の快挙となった[24]4月10日福島競馬第9競走でサニーデイズに騎乗し中央競馬での初勝利を挙げた[25]。牧原が2004年6月20日に勝利して以来、約12年ぶりの女性騎手による中央競馬での勝利にあたる。

5月15日、新潟競馬第12競走の飛竜特別(直線1,000m)でピュアリーソリッドに騎乗してJRA3勝目を挙げ[26]、牧原以来14年ぶりとなる特別競走勝利、また、女性騎手初となる直線競走での勝利を挙げた[27]

8月6日、8月19日にイギリスサンダウンパーク競馬場で実施される「レディースワールドチャンピオンシップ」第13戦に出場することが発表された[28]。JRA所属の女性騎手としては1999年の細江以来の参戦となる[29]。ところがレース前に落馬し放馬、競走除外となった[30]。しかしその救済措置としてアラブ首長国連邦アブダビ競馬場で行われた「レディースワールドチャンピオンシップ」第15戦にも招待され15頭中7着となった[31]

藤田は2016年の競馬界を盛り上げたことが高く評価され、師匠の根本などとともに、その枠を超えて話題を提供した競馬関係者に与えられる特別表彰の対象となり、12月21日に品川プリンスホテルで開催された有馬記念フェスティバルの席上において実施した記念品贈呈式に出席した[32][33]

2016年の中央競馬での勝利数は6勝であった[34]

2017年編集

1月21日、マカオタイパ競馬場で開催される「マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ」に、JRA代表として武豊とともに招待され参加。藤田は香港を拠点に騎乗するオリビエ・ドゥルーズとチームを組み、対象4レースに騎乗し6チーム中5位となった。また、同日に行われたマカオスプリントトロフィーマカオG3 芝1,200m)で海外重賞初騎乗を果たした(9頭中9着)[35]

2月25日、小倉競馬第8競走でリルティングインクに騎乗して2017年シーズン初勝利する[36]

10月21日、新潟競馬第11競走の飛翼特別でベルモントラハイナに騎乗して勝利し、JRA年間12勝目。1997年に牧原由貴子が記録した11勝を抜き、JRA女性騎手の年間最多勝利記録を更新した[37]。同時に、JRA女性騎手として初のメイン競走勝利も成し遂げた。最終的に14勝をあげ、2017年中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞した[38]

2018年編集

6月17日、東京競馬第7競走でベルクカッツェに騎乗して2018年シーズン9勝目。この勝利によりJRA通算29勝に地方交流競走2勝を加算した31勝となり、GIレースに騎乗することが可能となった[39][40]

8月19日、新潟競馬第3競走でトニーハピネスに騎乗、同日第7競走でライゴッドに騎乗してそれぞれ勝利。自身初となるJRAでの1日複数勝利を挙げると同時に通算勝利数を34とし、増沢由貴子が持っていたJRA女性最多勝利記録に並ぶ[41]と、同月25日、新潟競馬第12競走でセイウンリリシイに騎乗して勝利を収め通算勝利数を35とし、JRA女性騎手最多勝記録を更新した[5][42]

2019年編集

2月17日、フェブラリーステークスでJRA所属女性騎手として初めてGIに騎乗。同競走ではコパノキッキングに騎乗し5着となった[43][44]。(詳細は第36回フェブラリーステークスを参照)

3月24日、高松宮記念で自身2度目のGI騎乗[45]。2014年のスプリンターズステークス優勝馬でこれがラストランとなるスノードラゴンに騎乗し、結果は17着だった[46]

6月30日、スウェーデンブローパーク競馬場で開催された「ウィメンジョッキーズワールドカップ」に招待され、他地区の女性騎手たちと合わせて10名で計5レースに出走[47]。2勝2着1回の成績を残し、見事優勝を果たした[48]

8月10日、イギリスのアスコット競馬場で開催されたシャーガーカップに女性選抜の一員として出場。計5レースに騎乗して最高位5着[49]

10月2日、大井競馬場で施行された東京盃 (JpnII)(交流重賞競走)でコパノキッキングに騎乗し、単勝1倍台の人気に応えて4馬身差で勝利。JRA所属女性騎手としては2003年に西原玲奈霧島賞を制して以来16年振り史上2人目の重賞制覇となり、ダートグレード競走では史上初の快挙となった[50]。(詳細は第53回東京盃を参照)

10月5日、新潟競馬場での騎乗全8鞍で計4勝を挙げ、自身の持つ女性騎手の1日の最多勝利数(2勝)を更新した[51]

2019年の第3回新潟開催では最終的に9勝を挙げて首位となり、女性騎手としてJRA史上初となる開催リーディングを獲得。年間の新潟開催でも計20勝を挙げ、女性騎手としてJRA史上初の競馬場年間リーディングジョッキーとなった[52]

11月4日、浦和競馬場で施行されたJBCスプリント (JpnI)でコパノキッキングに騎乗し、自身3度目のGI級競走騎乗。2番人気の出走となるもゴール手前でクビ差交わされて2着となった[53]

11月6日、令和元年度の茨城県表彰知事奨励賞[注 2]に受賞が決まった。それについて「このような賞を頂いて光栄です。この賞に恥じないような活躍を出来るように頑張りたいです」とコメントした[54]

12月8日、中山競馬場のGIII・カペラステークスにてコパノキッキングに騎乗し、JRA所属の女性騎手としては史上初の中央重賞制覇を達成した[6]。(詳細は第12回カペラステークスを参照)

12月15日、中京競馬第6競走でシーシーサザンに騎乗し勝利。JRA通算90勝目となり、地方交流競走の10勝と合わせて通算100勝を達成した[55]

2020年編集

2月15日、小倉競馬第5競走でランサムトラップに騎乗し、向こう正面で他馬と接触して落馬左鎖骨骨折と診断され、北九州市内の病院に入院した[56]。その後、茨城県内の病院に転院。2月19日に患部を固定するプレートを左鎖骨に入れる手術を行い、2月27日に退院した[57]

3月20日、中山競馬場の第1レースでグレイトサンディーに騎乗し約1か月ぶりに復帰を果たした。

4月25日、福島競馬場の第1レースをシルバージャックで勝利し、女性騎手として史上初となるJRA通算100勝を達成した[58]

騎乗成績編集

概要編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2016年3月5日 2回中山3日2R 3歳未勝利 ネイチャーポイント 16頭 3 2着
初勝利 2016年4月10日 1回福島2日9R 4歳上500万下 サニーデイズ 16頭 2 1着
重賞初出走 2016年3月20日 2回中山7日11R スプリングS モウカッテル 11頭 8 9着
重賞初勝利 2019年10月2日 11回大井競馬3日 第53回東京盃 コパノキッキング 15頭 1 1着
GI初出走 2019年2月17日 1回東京8日11R フェブラリーS コパノキッキング 14頭 4 5着
GI初勝利

年度別成績編集

中央競馬編集

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2016年 6 12 8 294 .020 .061 .088 民放競馬記者クラブ 特別賞
2017年 14 16 12 382 .037 .079 .110
2018年 27 28 19 605 .045 .091 .122
2019年 43 49 32 703 .061 .131 .176
中央 90 105 71 1984

出典:[59]

地方競馬編集

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2016年 1 0 0 13 .077 .077 .077
2017年 1 2 0 19 .053 .158 .158
2018年 3 2 3 23 .130 .217 .348
2019年 5 2 4 26 .192 .269 .423
地方 10 6 7 81

出典: JRA日本中央競馬会 騎手名鑑の過去成績より

代表騎乗馬編集

重賞競走優勝馬編集

エピソード編集

2020/01/22の文藝春秋のコラムで、競馬学校への合格が決まる前、根本康弘調教師のもとに騎手時代の先輩でもある競馬学校教官が訪れ、「こんな女の子がいるんだけど、いずれ預かってくれないか」という相談を行い、それを根本調教師が引き受けたことによって競馬学校の合格が決まったのだと根本調教師が明かし、最近その教官が来た時にもう時効だからと本人にも明かしていた[60]

2016年3月25日のスポーツ報知の記事で、芸能プロダクションであるホリプロと契約し、4月から同社の所属となった[61][注 3]

デビュー当初は騎乗依頼仲介者(エージェント)は雇わず、師匠である根本が所属厩舎外の騎乗馬の仲介窓口となっていたが、2016年4月から2017年11月までは兄弟子である丸山と同じく川島康孝が騎乗依頼仲介者を務めていた[62]。その後、かつては兄弟子の丸山も世話になっていた、内田博幸戸崎圭太と同じ中村剛士が騎乗依頼仲介者となっていたが、中村は2018年の夏競馬開幕と同時に藤田の騎乗依頼仲介者から外れた。その後しばらくは騎乗依頼仲介者がいない状況となっていたが、2020年1月から久光匡治が騎乗依頼仲介者としてJRAより公示されている[63]。久光匡治は他の騎手のエージェントはしておらず、専属のエージェントとなっている。

モノノフ(ももいろクローバーZの大ファン)で、代表曲を完璧な振り付けで歌うことができ、競馬関係者との忘年会などでも披露したというエピソードがある[64]

主な出演編集

CM編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 女性騎手による史上初の重賞制覇はロシェル・ロケットによる第125回中山大障害である。
  2. ^ 毎年11月に茨城県が表彰を行っている各分野において県勢の発展に著しい功績があった人を称えるもの
  3. ^ 同年7月には、JRAの福永祐一川田将雅もホリプロと契約。現役のJRA騎手が芸能事務所に所属した事例としては、後藤浩輝オスカープロモーションに、田中勝春武幸四郎らがシンクバンクに所属、および過去に所属していた事例がある。

出典編集

  1. ^ “夢は日本ダービー優勝 守谷市出身 藤田菜七子さん”. 常陽リビング (常陽リビング社). (2016年3月5日). http://www.joyoliving.co.jp/topics/201603/tpc1603001.html 2016年3月6日閲覧。 
  2. ^ a b c JRA 騎手名鑑”. 日本中央競馬会. 2016年3月6日閲覧。
  3. ^ 2016年度 調教師・騎手免許試験合格者”. 日本中央競馬会. 2016年3月6日閲覧。
  4. ^ 16年ぶり誕生の女性騎手・藤田菜七子、3日の川崎でデビュー 6戦騎乗 産経ニュース、2016年3月1日(同日閲覧)
  5. ^ a b 【JRA】藤田菜七子騎手が新潟12Rで35勝目! JRA女性騎手最多勝記録を更新!ネットケイバドットコム、2018年8月26日閲覧
  6. ^ a b 競馬 藤田菜七子 JRA重賞レース初勝利 日本人女性騎手で初”. NHK NEWS WEB (2019年12月8日). 2019年12月9日閲覧。
  7. ^ JRA美女騎手候補生・藤田菜七子"17歳の胸の内"「楽しくて仕方ない」 東スポWeb、2015年07月23日(2016年3月23日閲覧)
  8. ^ a b 平成28年度 新規騎手「藤田菜七子」 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年3月17日閲覧。
  9. ^ 【16年ぶり女性騎手・藤田菜七子の挑戦】<1> スポーツ報知、2016年3月3日(2016年3月6日閲覧)
  10. ^ 話題の藤田菜七子ら、JRA新人ジョッキーたちの熱い胸のうち Web Sportiva、2016年2月14日(2016年3月6日閲覧)
  11. ^ moriya_cityproのツイート(699041424763805696)
  12. ^ 7人目の女性騎手誕生へ藤田さんが決意 デイリースポーツ、2013年4月3日(2016年3月6日閲覧)
  13. ^ 藤田菜七子さん、JRA7人目新人女性騎手に 3月デビュー予定 スポーツ報知、2016年2月11日(2016年3月6日閲覧)
  14. ^ 藤田菜七子を預かった根本調教師の"ホースマンとしての意地" 東スポWeb、2016年3月10日(2016年3月11日閲覧)
  15. ^ L.オールプレス 1975/05/20 海外 - netkeiba.com
  16. ^ JRA所属藤田菜七子騎手への取材の事前申込について(お願い) 川崎競馬場公式ホームページ、2016年2月26日(2016年3月1日閲覧)
  17. ^ 菜七子3日初陣で川崎に取材殺到、観客1万人見込む 日刊スポーツ、2016年3月2日(同日閲覧)
  18. ^ 【藤田菜七子デビュー】最終戦は3着 初勝利は3.5中山以降に持ち越し 東京スポーツ、2016年3月3日(2016年3月17日閲覧)
  19. ^ a b c 藤田菜七子、女性騎手最高2着デビュー 今日vs武 極ウマ・プレミアム、2016年3月6日(2016年3月17日閲覧)
  20. ^ a b 【スプリングS】菜七子重賞初騎乗 デイリースポーツ、2016年3月18日(2016年3月20日閲覧)
  21. ^ スプリングS - netkeiba.com、2016年3月17日閲覧
  22. ^ 藤田菜七子騎手がデビュー36戦目初勝利 - デイリースポーツ、2016年3月24日(2016年3月24日閲覧)
  23. ^ 藤田菜七子 6Rも勝利 差し切りで2勝目 - 日刊スポーツ(2016.03.24 18:15)
  24. ^ 菜七子騎手、JRA女性騎手初の1日2勝! - スポーツ報知、2016年3月24日(2016年3月25日閲覧)
  25. ^ 菜七子 待望のJRA初勝利!中央通算51走目でついに 福島9R - スポニチアネックス、2016年4月10日閲覧
  26. ^ 藤田がJRA3勝目 14年ぶり女性騎手が特別レースV - 日本経済新聞、2016年5月15日閲覧
  27. ^ 競馬ラボツイート - 2016年5月15日閲覧
  28. ^ 藤田 菜七子騎手が国際女性騎手招待競走に出場 - JRAニュース(日本中央競馬会)、2016年8月7日閲覧
  29. ^ 菜七子が早くも世界デビュー! 8.19レディースWCS参戦 海外自体が“初体験” - デイリースポーツ、2016年8月7日閲覧
  30. ^ 藤田菜七子 放馬でまさかの除外で涙 英国の女性騎手招待競走 - デイリースポーツ、2016年12月26日閲覧
  31. ^ 藤田菜七子は7着=アブダビで海外デビュー-競馬 - 時事通信社、2016年12月26日閲覧
  32. ^ 競馬界の盛り上げを評価してJRAが藤田菜七子を特別表彰 - 競馬ニュース.TV、2016年12月26日閲覧
  33. ^ 藤田菜七子、記念品贈呈式に出席 有馬の盛り上がりに興奮「夢の舞台」 - netkeiba.com、2016年12月26日閲覧
  34. ^ 菜七子騎手、「来年は結果を残せるように」 - netkeiba.com、2016年12月26日閲覧
  35. ^ マカオでの騎手招待競走における武 豊騎手および藤田 菜七子騎手の騎乗成績 JRAニュース(日本中央競馬会)、2017年1月21日閲覧
  36. ^ 藤田菜七子が今年初勝利「先輩だけは抜かしてやろうと」netkeiba.com、2018年6月18日閲覧
  37. ^ 藤田菜七子騎手が女性最多年間12勝の新記録 サンケイスポーツ、2017年10月21日閲覧
  38. ^ 関東は14勝藤田菜七子 中央競馬騎手年間ホープ賞日刊スポーツ、2018年1月6日閲覧
  39. ^ 【東京3R】菜七子 2日連続Vで今年9勝目!通算31勝到達でG1騎乗可能にスポニチアネックス、2018年6月18日閲覧
  40. ^ 過去のJRA所属の女性騎手では増沢由貴子もGI騎乗権利を得ている(通算34勝)が、GIレースに騎乗することはなかった。
  41. ^ 菜七子が女性騎手歴代最多勝に並んだ!自身初の1日2勝でJRA通算34勝サンスポドットコム、2018年8月19日閲覧
  42. ^ 地方競馬では、宮下瞳名古屋競馬場所属)が女性騎手最多勝記録保持者である。
  43. ^ 【フェブラリーS】菜七子歴史的5着「違う景色に見えました。泣きそうになりました」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月7日閲覧。
  44. ^ 競馬・藤田菜七子はG1初騎乗で5着 フェブラリーステークス - 毎日新聞。2019年2月17日発信、同年3月15日閲覧。
  45. ^ 菜七子騎手が2回目のG1参戦決定!高松宮記念でスノードラゴンに騎乗 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月7日閲覧。
  46. ^ 【高松宮記念】スノードラゴン&菜七子悔しい17着「かわいそうな競馬に」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月7日閲覧。
  47. ^ 藤田 菜七子騎手の「ウィメンジョッキーズワールドカップ」出場について-JRAニュース(日本中央競馬会)。2019年6月12日閲覧。
  48. ^ 「ウィメンジョッキーズワールドカップ」藤田 菜七子騎手の騎乗成績 JRA”. www.jra.go.jp. 2019年10月7日閲覧。
  49. ^ 【英シャーガーC 菜七子に聞く】個人10位タイに終わり「日本の競馬との違いを感じることができました」”. スポーツ報知 (2019年8月12日). 2019年8月12日閲覧。
  50. ^ “藤田菜七子、JRA女性騎手初の重賞V 東京盃コパノキッキングで優勝”. スポーツ報知. 報知新聞社: pp. 1. (2019年10月2日). https://hochi.news/articles/20191002-OHT1T50104.html 2019年10月2日閲覧。 
  51. ^ 藤田菜七子 自己新1日4勝…今年34勝目 新潟で無双 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月7日閲覧。
  52. ^ 開催競馬場・今日の出来事(10月27日(日曜)) JRA”. www.jra.go.jp. 2019年10月27日閲覧。
  53. ^ 【JBCスプリント】菜七子が首差で涙 コパノキッキングを巧みリードも2着 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月15日閲覧。
  54. ^ 藤田菜七子騎手、茨城県表彰知事奨励賞を受賞 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年11月7日閲覧。
  55. ^ 藤田菜七子が通算100勝 中京6Rで達成|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2019年12月15日閲覧。
  56. ^ 菜七子、落馬で左鎖骨骨折…デビュー5年目で初”. サンスポZBAT!競馬. 2020年3月9日閲覧。
  57. ^ 左鎖骨骨折で手術…菜七子が退院 根本師「術後の経過も順調」”. スポーツニッポン新聞社. 2020年3月9日閲覧。
  58. ^ 藤田菜七子JRA100勝!初勝利の福島で大台達成 女性騎手初の快挙”. 日刊スポーツ. 2020年4月25日閲覧。
  59. ^ 藤田菜七子の年度別成績”. netkeiba.com. 2017年1月30日閲覧。
  60. ^ JRA騎手・藤田菜七子は持っている。華、センス、運、そして勝負強さを。”. 文藝春秋digital. 2020年3月15日閲覧。
  61. ^ 菜七子騎手、ホリプロ入り決定!4月から正式所属 - スポーツ報知、2016年3月24日(2016年3月25日閲覧)
  62. ^ 菜七子熱心な調教で好感触、4月からエージェントも - 日刊スポーツ 極ウマ・プレミアム 2016年3月31日
  63. ^ 美浦所属騎手の騎乗依頼仲介者一覧 - 日本中央競馬会(JRA)ホームページ
  64. ^ 藤田菜七子を襲った「エージェント交替」と「社台の触手」(2)酒席ハシゴの大人気私生活 - Yahoo! ネタりか
  65. ^ 藤田菜七子騎手: 話題の女性ジョッキーTVCM初出演 有村架純と初“共演””. MANTANWEB. MANTAN (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  66. ^ 「ダビマス」武幸四郎・元騎手&藤田菜七子騎手が出演するTVCMが放送決定。一部CM映像のカットや,2人のコメントも紹介”. 4Gamer.net. 2017年5月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集