メインメニューを開く

藤田 進(ふじた すすむ、男性、1913年2月10日 - 2003年3月1日)は、昭和期の政治家、元日本社会党参議院議員労働運動家、元総評議長。教育者、元・学校法人大阪工大摂南大学(現学校法人常翔学園)総長・理事長。経済学博士(法政大学)。

来歴編集

広島県賀茂郡黒瀬町(現:東広島市)生まれ。1932年、関西工学校(現・大阪工業大学)土木科卒業。広島県庁中国電力勤務、戦後労働運動に明け暮れ1952年総評議長就任。炭労(日本炭鉱労働組合)、電産(日本電気産業労働組合)の二大争議を指導した。

1953年参院選全国区に日本社会党から出馬し初当選(連続5期)。1960年、法政大学から経済学博士の学位を授与される。1962年には大阪工業大学教授に就任、さらに1966年に学校法人大阪工業大学理事に就いた。そして1969年には、学校法人大阪工業大学理事長に就任。1975年摂南大学1998年広島国際大学を郷里黒瀬町に開設。また裁判官弾劾裁判所裁判員、検察官適確審査委員を歴任。参議院国会対策委員長を歴任。

1973年 成田知巳の下で党参議院議員会長を歴任。

1979年 飛鳥田一雄の下で2度目の党参院会長の就任。

1983年政界引退。勲一等旭日大綬章を授与。引退後は対中外交に尽力。逝去直前まで学校法人大阪工大摂南大学(学校法人大阪工業大学が改称、現在の学校法人常翔学園)の総長・理事長であった。

2003年逝去。

選挙歴編集

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第3回参議院議員通常選挙 1953年4月24日 全国区 左派社会党 222,550 ' 33/234 - -
第5回参議院議員通常選挙 1959年6月2日 広島県地方区 日本社会党 244,744 30.4 2/5 - -
第7回参議院議員通常選挙 1965年7月4日 広島県地方区 日本社会党 396,256 42.9 2/3 - -
第9回参議院議員通常選挙 1971年6月27日 広島県地方区 日本社会党 335,398 34.7 2/4 - -
第11回参議院議員通常選挙 1977年7月10日 広島県地方区 日本社会党 330,676 26.3 2/4 - -
当選回数5回 (参議院議員5)


議会
先代:
松永忠二
  参議院建設委員長
1967年 - 1968年
次代:
岡三郎
先代:
亀田得治
  参議院内閣委員長
1957年 - 1958年
次代:
永岡光治