メインメニューを開く

藤田 雄蔵(ふじた ゆうぞう、1898年(明治31年)2月19日 - 1939年(昭和14年)2月1日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中佐

経歴編集

本籍青森県日本郵船社員・藤田未類二の長男として横浜で生まれる。横浜一中卒を経て、1921年(大正10年)7月、陸軍士官学校(33期)を卒業。同年10月、砲兵少尉に任官し野戦重砲兵第2連隊付となる。

1924年(大正13年)10月、砲兵中尉に昇進。1925年(大正14年)5月、兵科航空兵科に転じ航空兵中尉に任官し所沢陸軍飛行学校付となる。1926年(大正15年)1月、第21期操縦学生となり操縦訓練を受ける。同年12月、飛行第5連隊付に発令。所沢飛行学校付を経て、1930年(昭和5年)8月、航空兵大尉に進級し所沢飛行学校教官に就任。1932年(昭和7年)3月、飛行第5連隊中隊長に発令され、翌月、満州に出征。1933年(昭和8年)7月、その戦功により個人感状を受けた。

1934年(昭和9年)8月、陸軍航空本部技術部付(立川支部)に異動。1935年(昭和10年)2月から1939年(昭和14年)1月まで東京帝国大学航空研究所嘱託を兼務。1935年8月、陸軍航空技術研究所員に移る。1937年(昭和12年)8月、航空兵少佐に昇進。1938年(昭和13年)5月、航研機を操縦し周回航続距離世界記録を樹立した。日中戦争に出征し、1939年2月、華中で戦死し航空兵中佐に特進した。

清沢洌の『暗黒日記』では、なぜか海軍中佐と勘違いされている[1]

著書編集

  • 木村秀政編『航空の技術と精神 - 藤田雄藏中佐遺稿』朝日新聞社、1940年。

伝記編集

  • 森川肇『空の英雄藤田雄藏中佐』昭和書房、1939年。
  • 桜井俊晃『陸軍航空兵中佐藤田雄蔵氏の追憶』非売品、1940年。

脚注編集

  1. ^ 阿川弘之『海軍こぼれ話』

参考文献編集