藤白鈴木氏

日本の氏族

藤白鈴木氏(ふじしろすずきし)は、日本社家武家の一つ。本姓穂積氏。家系は『古事記』『日本書紀』にも登場する穂積氏の流れを汲む紀伊国(現在の和歌山県)の名門で、穂積姓鈴木氏の本宗家藤代王子旧址である藤白神社海南市)の社家であり、紀伊国の国人領主熊野速玉大社禰宜であった穂積国興の子、鈴木基行が鈴木姓を称したことに始まる[1]

藤白鈴木氏
家紋
抱き稲
本姓 穂積氏
家祖 鈴木基行
種別 社家
武家
出身地 紀伊国名草郡藤白浦
主な根拠地 紀伊国
和歌山県
著名な人物 鈴木良氏
鈴木重家
亀井重清
鈴木重善
鈴木繁伴
支流、分家 藤白鈴木氏支流
凡例 / Category:日本の氏族
藤白鈴木氏が神職を務めた藤白神社

熊野地方で勢力を誇った熊野三党(榎本、宇井、鈴木)の一つ、または熊野八庄司の一つとされる。家紋は穂積氏に由来する「抱き稲」、替紋は熊野別当藤原氏に由来するとされる「下り藤」。幕紋は「八咫烏」。

概要編集

藤白鈴木氏は紀伊国熊野の穂積氏の嫡流で、饒速日命を遠祖に持ち、穂積祖足の四男・古閉の流れである穂積国興(熊野速玉大社一禰宜)の子、鈴木基行に始まる。12世紀頃に熊野から同じ紀伊国内の藤白に移り住んで以来、王子社(現在の藤白神社)の神職を代々務めた家系である。熊野三党の一つとして熊野地方に大きな勢力を有し、また熊野八庄司の一つとして当主は代々「鈴木庄司」を称した。

藤白鈴木氏がかつて居住していた鈴木屋敷が藤白神社境内に現存している[2]

平安時代編集

初代の鈴木基行は、昌泰3年(900年)の正月に外従五位下叙爵され、延長4年(926年)の5月21日に62歳で没した。基行の子・鈴木良氏(鈴木判官)は従五位下となり検非違使を務め、熊野国造橘広方の娘を妻として二人の間に生まれた鈴木重氏押領使美濃権介を務めた。また、重氏の長男・重豊の娘は藤原実方の妻となり、熊野別当泰救の母となった。重氏の次男・鈴木重実は名草郡藤白荘年領となって鈴木庄司を称し、のち従七位上出羽大掾となり出羽介平維茂に従った。重実の長男・鈴木重武は、侍従藤原定時の娘を母とし、平忠常の乱鎮定のため中原成道に随行して東国に下向した。

『稲毛郷土史』によると、前九年の役後三年の役に一族の鈴木重宗らが参戦し、拠点を武蔵国比企郡岩殿山に置いたとされ、その後、軍功として麻生の地を与えられたとされる。

鈴木重光従六位上右衛門少尉)は白河法皇行宮に供奉し、天永3年(1112年)の2月に61歳で没。鈴木重元左近丞)は保延6年(1140年)に68歳で没し、法名は浄円であった。

鈴木重邦(刑部左衛門尉)は源為義の家臣として武功を挙げたとされ、湯浅左近大夫・藤原宗永の娘を妻として鈴木重倫を生んだ。重倫は平治の乱源義朝方の武将として戦死した。また、源為義の十男・源行家の母は熊野新宮禰宜の鈴木重忠の娘とする伝承もある。

重倫の子・鈴木重家亀井重清は源平合戦(治承・寿永の乱)で源義経に従い壇ノ浦の戦いなどで功績を挙げた。後に源頼朝から甲斐国に所領を賜ったが、奥州藤原氏に落ち伸びた義経のもとへ向かい、衣川の戦いで義経と最期をともにした。また、重家らは熊野水軍の将の一人であったとも云われる。

鎌倉時代以降編集

鈴木重家の死後、紀伊国に残った次男・重次が跡を継いだ。重次は承久の乱で朝廷方として参加して正嘉2年(1258年)8月に64歳で没し、南北朝時代には鈴木重恒後醍醐天皇南朝に属した。

明徳3年(1392年)には鈴木重義が山名義理に従って大内義弘と戦い戦死。戦国時代には石山合戦顕如に味方し神領を失った。大坂の陣では鈴木重興が徳川方として参戦して浅野氏から諸役免除を賜わり、後に浅野幸長から6の寄進を受けた。

1942年昭和17年)に最後の当主・鈴木重吉が病気で急死し、藤白神社神主家の鈴木氏は断絶した。

前述の鈴木屋敷はその後は空き家だったが、2015年に国の史跡に指定され、補助金やクラウドファンディングによる募金で復元が行なわれている[2]

主な支流一族編集

藤白鈴木氏は全国に散らばる穂積姓鈴木氏中でも本家筋とみなされている家で、三河鈴木氏雑賀党鈴木氏江梨鈴木氏などはいずれも藤白鈴木氏の分流とされている。また、鈴木重家の子が伊予土居氏の祖となったという伝承があり、この説によると『清良記』の主人公の土居清良は藤白鈴木氏の末裔ということになる。

歴代当主編集

直流系図[1]

  1. 鈴木基行穂積国興の子)
  2. 鈴木良氏
  3. 鈴木重氏
  4. 鈴木重実 (庄司)
  5. 鈴木重武
  6. 鈴木重康 (庄司)
  7. 鈴木重光
  8. 鈴木重元
  9. 鈴木重邦
  10. 鈴木重倫- 弟に鈴木重善三河鈴木氏
  11. 鈴木重家‐弟に亀井重清亀井氏
  12. 鈴木重次
  13. 鈴木重好
  14. 鈴木重基
  15. 鈴木重時
  16. 鈴木重実
  17. 鈴木重恒‐兄に鈴木繁伴江梨鈴木氏
  18. 鈴木安弘
  19. 鈴木重義
  20. 鈴木重政
  21. 鈴木重氏
  22. 鈴木重弘‐弟に鈴木重長(雑賀党鈴木氏
  23. 鈴木重光
  24. 鈴木重則
  25. 鈴木重長

略系譜編集

太字は当主、実線は実子、点線は養子。
穂積国興
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[藤白鈴木氏]
鈴木基行1
娘(宇井基成室)
 
 
 
良氏2
 
 
 
重氏3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重実4重豊
 
 
 
 
 
重武5娘(藤原実方室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重康6下総鈴木氏
重孝
 
 
 
重光7
 
 
 
重元8
 
 
 
重邦9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重倫10三河鈴木氏
重善
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重家11亀井氏
亀井重清
 
 
 
重次12
 
 
 
重好13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重基14駿河鈴木氏山村氏
重景
 
 
 
重時15
 
 
 
重実16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
江梨鈴木氏
繁伴
重恒17
 
 
 
安弘18
 
 
 
重義19
 
 
 
重政20
 
 
 
重氏21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重弘22雑賀党鈴木氏
重長
 
 
 
重光23
 
 
 
重則24
 
 
 
重長25
 
 
 
(中略)
 
 
 
重貞
 
 
 
重光
 
 
 
[断絶]
重吉

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宝賀寿男『古代氏族系譜集成 中巻』古代氏族研究会、1986年
  2. ^ a b 「鈴木」姓発祥の地 屋敷復元/和歌山・海南 聖地で上棟式 来年3月の完成目指す日本経済新聞』夕刊2022年5月21日(社会面)2022年8月8日閲覧

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集