藤谷 光信(ふじたに こうしん、1937年1月1日 - )は、日本政治家僧侶山口県岩国市出身。浄土真宗本願寺派。教蓮寺(山口県岩国市)住職、学校法人理事長、参議院議員(1期)、山口県議会議員(4期)、旧岩国市議会議員などを務めた[3][4]

藤谷 光信
ふじたに こうしん
生年月日 (1937-01-01) 1937年1月1日(80歳)
出生地 山口県岩国市
出身校 龍谷大学文学部
前職 浄土真宗本願寺派西本願寺住職
旧岩国市議会議員
山口県議会議員
参議院議員[1][2]
現職 浄土真宗本願寺派西本願寺住職
所属政党 民主党
称号 文学士
旭日中綬章

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日

当選回数 4回
在任期間 1991年 - 2007年
テンプレートを表示

目次

来歴編集

  • 2011年4月14日、超党派議員による「第一次補正予算におけるODA予算削減に関する勉強会」に参加し、「苦しい時こそ外国への支援・連帯を切らず、G7の一員たる日本の矜持を示すべき」として菅直人首相に対し、東日本大震災復興補正予算の財源として検討されているODA削減の撤回を求めた[8][9]

政策編集

 団 長  江田五月議連会長 参議院議員 (元参議院議長、民主党最高顧問)
 副団長  神本美恵子議連事務局長 参議院議員  
藤谷光信  戦後補償議連 顧問(前会長) 前参議院議員   
岡崎トミ子  戦後補償議連 顧問(初代会長) 前参議院議員 
石毛えい子  戦後補償議連 副事務局長 前衆議院議員 
大河原雅子  戦後補償議連 幹事 前参議院議員  
小林千代美  戦後補償議連 幹事 元衆議院議員 
有光健 戦後補償議連 アドバイザー(戦後補償ネットワーク世話人代表) 
江田洋一 江田五月議員秘書 
大塚照代 神本美恵子議員秘書 
塩田三恵子 大河原雅子前参議院議員秘書             (合計 11名)[13][14][15]

所属していた団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ http://www.asahi.com/senkyo2007/carta/C02026.html
  2. ^ http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/profile/yb00018019.htm
  3. ^ http://www.asahi.com/senkyo2007/carta/C02026.html
  4. ^ http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/profile/yb00018019.htm
  5. ^ http://www.asahi.com/senkyo2007/carta/C02026.html
  6. ^ http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/profile/yb00018019.htm
  7. ^ 「韓国・朝鮮の遺族とともに」全国連絡会遺族招へい行動・第3回証言集会”. 平和フォーラム. フォーラム平和・人権・環境 (2010年10月7日). 2013年7月25日閲覧。
  8. ^ “【東日本大震災】超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年4月14日). オリジナル2011年4月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110415183540/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110414/stt11041410410005-n1.htm 
  9. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会 (PDF)
  10. ^ “民主・藤谷氏が政界引退へ”. 中国新聞 (中国新聞社). (2013年5月29日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201305290059.html 2013年7月25日閲覧。 
  11. ^ “民主・藤谷参院議員、政界引退へ 「若い人に譲りたい」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年5月27日). http://www.asahi.com/politics/update/0527/TKY201305270282.html 2013年7月25日閲覧。 
  12. ^ “「民族排撃デモ」、国会内で抗議集会 政治が動き始めた”. BLOGOS (LINE). (2013年3月15日). http://blogos.com/article/58110/ 2013年7月25日閲覧。 
  13. ^ 聯合ニュース日本語電子版「韓国女性家族部長官が日本議員と面談=慰安婦問題で」
  14. ^ 女性家族部長官、日本政府に日本軍慰安婦被害者問題解決要求
  15. ^ 第3回 韓国訪問報告書 [1]

外部リンク編集