メインメニューを開く

藤野 保(ふじの たもつ、1927年昭和2年)9月5日 - 2018年平成30年)5月14日)は、日本の日本史学者

目次

来歴編集

長崎県生まれ。1951年東京文理科大学史学科卒、1959年東京教育大学大学院博士課程満期退学。1962年「幕藩体制史の研究」で文学博士(東京文理科大学賞受賞)。1965年九州大学文学部附属九州文化史研究施設助教授、1972年教授、1975 - 1983年九州文化研究施設長、1986年中央大学文学部教授。1998年退職。

2018年5月14日、多臓器不全のため死去[1]。90歳没。

著書編集

  • 『幕藩体制史の研究 権力構造の確立と展開』吉川弘文館、1961
  • 『大名 その領国経営』人物往来社、1964
  • 『徳川幕閣 武功派と官僚派の抗争』中公新書、1965
  • 『大名と領国経営』新人物往来社、1978
  • 『幕政と藩政』吉川弘文館、1979
  • 『日本封建制と幕藩体制』塙書房、1983
  • 『一歴史家のあゆみ 六十年を回顧して』私家版、1988
  • 『徳川政権論』吉川弘文館、1991
  • 『日本近世史論考 地域・比較・文献研究』朝倉書店、1995
  • 『江戸時代をどう視るか 幕府・藩・天領』雄山閣出版、1997
  • 『近世国家史の研究 幕藩制と領国体制』吉川弘文館、2002
  • 『近世国家解体過程の研究 幕藩制と明治維新』吉川弘文館、2006
  • 『江戸幕府崩壊論』塙選書、2008
  • 『幕藩制国家と明治維新』清文堂出版、2009
  • 佐賀藩』吉川弘文館 日本歴史叢書、2010

共編編集

  • 『佐賀藩の総合研究 藩制の成立と構造』編 吉川弘文館、1981
  • 『大村郷村記』全6巻 編 国書刊行会、1982
  • 『九州近世史研究叢書』全10巻 編 国書刊行会、1984 - 1985
  • 『九州と日本社会の形成 縄文から現代まで』横山浩一共編 吉川弘文館、1987
  • 『続佐賀藩の総合研究 藩政改革と明治維新』編 吉川弘文館、1987
  • 『徳川幕閣のすべて』編 新人物往来社、1987
  • 徳川家康事典』村上直所理喜夫新行紀一小和田哲男共編 新人物往来社、1990
  • 『論集幕藩体制史』第1期 全11巻 編 雄山閣出版、1993 - 96
  • 『大村見聞集』清水紘一共編 高科書店、1994
  • 『徳川政権と幕閣』編 新人物往来社、1995
  • 『近世国家の成立・展開と近代』編 雄山閣出版、1998
  • 『日本史事典』編者代表、岩崎卓也阿部猛峰岸純夫鳥海靖編集委員 朝倉書店、2001

校訂編集

  • 小田彰信編『恩栄録・廃絶録』校訂 近藤出版社 日本資料選書、1970
  • 清田黙『徳川加除封録』校訂 近藤出版社 日本史料選書、1972

記念論集編集

  • 『近世日本の社会と流通』藤野保先生還暦記念会編著 雄山閣出版、1993
  • 『近世日本の政治と外交』藤野保先生還暦記念会編著 雄山閣出版、1993

脚注編集

  1. ^ 日本歴史学会編「日本歴史」2018年10月号(吉川弘文館) p.123

参考編集

  • 『人事興信録』1995年 
  • 藤野保教授略年譜および著作目録 中央大学文学部紀要、1998 - 03