メインメニューを開く

藤錦千代吉

藤錦 千代吉(ふじにしき ちよきち、本名福田 千代吉(ふくだ ちよきち)、1920年1月9日 - 1961年6月28日)は、北海道寿都郡寿都町出身で、二所ノ関部屋に所属した大相撲力士。最高位は東前頭18枚目(1948年10月場所)。現役時代の体格は177cm、90kg。得意手は右四つ、上手投げ[1]

目次

来歴・人物編集

18歳の時に二所ノ関部屋へ入門し、1938年5月場所で初土俵[1]。翌年1月、「藤錦」の四股名序ノ口に付いた[1]

以来、徐々に番付を上げ、1945年11月場所で新十両に昇進。

そして、1948年10月場所で新入幕を果たした[1]

肩幅の広さを生かした投げ技を得意としたが、勝ち身が遅く、小柄な体格であった事も災いして幕内では活躍できなかった。

1950年5月場所後、30歳で廃業[1]

三段目にいた頃、後の横綱千代の山(当時、「杉村」)に勝ち、その序ノ口以来の連勝記録を止めた相撲が印象に残る。

1961年6月28日、41歳という若さで急逝した。

主な戦績編集

  • 幕内在位:2場所
  • 幕内成績:8勝16敗 勝率.333
  • 現役在位:24場所(※番付外1場所を除く)
  • 通算成績:109勝104敗20休 勝率.512

各段優勝編集

  • 三段目優勝:2回(1941年5月場所、1943年5月場所)

脚注編集

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p35

参考文献編集

関連項目編集