藤間勘十郎 (8世)

日本の舞踊家

八世 藤間 勘十郎(はっせい ふじま かんじゅうろう、1980年3月13日 - )は、日本舞踊家。

はっせい ふじま かんじゅうろう
八世 藤間勘十郎
生年月日 (1980-03-13) 1980年3月13日(41歳)
本名 藤間ふじま りょう
襲名歴 1. 藤間凌
2. 藤間資真
3. 二世藤間康詞
4. 八世 藤間勘十郎
別名 苫船とまぶね
出身地 東京都
祖父 二世藤間勘祖(六世藤間勘十郎)
祖母 藤間紫
五十六世梅若六郎 観世流能楽師
三世藤間勘祖 (七世藤間勘十郎、藤間高子)
受賞
平成14年度(58回)芸術選奨文部科学大臣賞新人賞を受賞

日本舞踊宗家藤間流宗家。本名、藤間良(ふじま りょう)。高校卒業後より歌舞伎の振付師としても活動し、若手俳優への舞踊指導を行っている[1]ほか、苫船(とまぶね)の名前で作詞・作曲・脚本も手がけている[2][3][4]

幼少期に藤間 遼太(ふじま りょうた)の名で子役俳優としても活動したことがある。

略歴編集

テレビ出演編集

家族編集

表彰編集

2003年3月 平成14年「藤間会」での『春調娘七種・弥生の花浅草祭』の演技により平成14年度(58回)芸術選奨文部科学大臣賞新人賞を受賞

人物編集

  • 祖父であり師匠でもある二世藤間勘祖は彼が10歳の時に他界している。この経験から、父が瀕死の状態にあった中村鷹之資[13]の振付を担当した際には、彼に同情する言葉を掛けずに指導した。

注釈編集

  1. ^ 日本舞踊の若きリーダー 伝統の革新へ「敷居は低く、格式は高く」” (日本語). PROJECT DESIGN. 月刊「事業構想」(2019年7月号). 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ 八世藤間勘十郎 – 宗家藤間流 公式ホームページ”. soke-fujima.jp. 2020年12月24日閲覧。
  3. ^ 第十四回日本伝統文化振興財団賞 大和櫻笙(大和楽三味線方) [日本伝統文化振興財団賞受賞制作DVD]”. 日本伝統文化振興財団作品検索. 2020年12月24日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “にっぽんの芸能「コロナに挑む!古典芸能の底力」” (日本語). NHK 番組表. 2020年12月24日閲覧。
  5. ^ 藤間勘十郎twitter2020年6月15日閲覧
  6. ^ 「梵天丸もかくありたい」の元子役が語る『独眼竜政宗』秘話” (日本語). NEWSポストセブン(2020年2月9日). 2020年12月24日閲覧。
  7. ^ 第1回藝夢”. www.soke-fujima.com. 宗家藤間流. 2020年12月24日閲覧。
  8. ^ 【23日初日】「趣向の華 ファイナル公演」のお知らせ|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人(2014年7月9日). 2020年12月24日閲覧。
  9. ^ 趣向の華ファイナル”. www.soke-fujima.com. 宗家藤間流. 2020年12月24日閲覧。
  10. ^ 日本舞踊!?歌舞伎舞踊!?日本人なら知っておきたい話がいっぱいの古典芸能サロン” (日本語). community.camp-fire.jp. 2020年12月24日閲覧。
  11. ^ 日経スペシャル 招待席 ~日本舞踊家 八世藤間勘十郎の挑戦~|BSジャパン
  12. ^ 藤間高子『そして始まり』より。
  13. ^ 2011年1月9日放送の「情熱大陸」(毎日放送)より。当時鷹之資の父中村富十郎 (5代目)は直腸ガンで瀕死の状態にあり、まもなく他界した。

外部リンク編集