メインメニューを開く

藪医者(やぶいしゃ)とは、適切な診療能力や治療能力を持たない医師歯科医師を指す俗称蔑称である。同義語に庸医(ようい)がある。古くは1422年に「藪医師」、1283年に「藪薬師」の記録がある[1]

目次

語源編集

語源については、諺「をつついて蛇を出す」(余計なことをしてかえって事態を悪化させてしまう)からとする説、「薮柑子」「薮茗荷」「薮連歌」など、似て非なる物に「薮」の字を冠するところからとする説や[2]、腕が悪くて普段は患者の来ない医者でも、風邪が流行って医者の数が足りなくなると患者が押し寄せ忙しくなることから、「カゼ(風)で動く=藪」という説もある。

「藪のように見通しがきかない」医者という説も存在し、この説に基づき、藪以下の全く見通しのきかない未熟な医者を「土手医者」と呼ぶこともある。また藪医者以下のひどい医者のことは、「やぶ医者にも至らない」「藪にも至らない」という意味を込めて「筍(たけのこ)医者」と呼ぶこともある[3][2]

藪医者を人名になぞらえて、“藪井竹庵”(やぶい ちくあん)とも言い[2]落語などで藪医者を登場させる時、この名を用いることがある。

野巫編集

「野巫」(やぶ)とは、田舎に住んで、占い、呪術、まじないや悪霊祓いなどを職業とする霊能者のこと。

白杉悦雄によれば、藪はもともと仏教語の野巫の当て字であり、織田得能仏教大辞典』に、野巫とは「草野の巫師。唯一術を解するもの、以て寡聞の禅人に譬える」とある。出典は智顗『摩訶止観』で、「又野巫の如きは、唯だ一術を解して、方に一人を救い、一の脯胖を獲。何ぞ神農本草を学ぶことを須いんや。大医と為らんと欲せば、遍く衆知を覧て、広く諸疾を療せよ。転た脈し転た精しく、数しば用い数しば験あれば、恩救博し」(『摩訶止観』巻七下)とある。つまり「ただ一つの術」しかわかっていないものが「野巫」である。日本で広く使われるようになったのは何時のことか明らかでないが、『庭訓往来』に「藪薬師」という言葉(藪医者に同じ)が見えることから、十四世紀末から十五世紀頃を目安としてよいだろう、という。そして寺島良安和漢三才図会』(1713)にいたって、「一般に庸医を野巫医と称するが、その呼び方は天台止観から出ているという。思うに、野巫とは祭主の卑賤なもののこと、唯一つの術だけを解し、一人だけを救い、それで自分の療法はすぐれていると考える類である。大医になろうと志すものは、ひとえにいろいろな治療を覧、広くいろいろな疾を治療し、こうして道を体得するべきである」(巻七)と記される。(白杉悦雄「庸医ー江戸時代の民間医師ー」『東と西の医療文化』思文閣出版所収)

養父編集

森川許六が1706年に編んだ『風俗文選』では、汶村による『藪醫者ノ解』にて、「養父」(やぶ)が語源とする説が述べられている。曰く、但馬国の養父に住んでいたという評判の名医が語源であり、本来は名医を指す言葉であったという。現在の養父に当たる兵庫県養父市は、その名声を悪用して「養父医者の弟子」を騙る者が現れた事で「養父医者」の評判が悪くなり、「藪医者」に変化したのではないかと話している[4]。また、件の名医とは養父出身の旗本である長島的庵(1647年頃-1723年頃)ではないかとしている[5]。ただし、蔑称としての「藪」の字は更に古くから使われており、養父説は学問的には支持されていない[6][1]

養父市ではこの説にちなみ、 僻地医療活動を行う若手医師を対象にした「 やぶ医者大賞」を2014年から行っている[7]

出典・脚注編集

関連書編集

  • 『ヤブ医者の見分け方!!―判別チェックリスト』データハウス、1992 ISBN 4887181329
  • 舘 一男『 糖尿病 間違いだらけの医者選び―糖尿病のやぶ医者を見抜く方法』宙出版、2000 ISBN 4872878264
  • ジョージ・アシャンスキー『やぶ医者の見分け方―患者の生命を危険にさらす無知な医師を緊急告発』2003
  • 東海林 茂樹『やぶ医者! ―誤診ミス事故はこうして起こる』都築事務所 2004 ISBN 4396693168

関連項目編集