北海道蘂取郡の位置(11:蘂取村)

蘂取郡(しべとろぐん)は、北海道千島国根室振興局

以下の1村を含む。

当該地域の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土問題の項目を参照のこと。

目次

概要編集

択捉島の北東端に位置し、東は得撫郡、西は紗那郡に接している。中心集落の蘂取には村役場のほか、病院や小学校、寺社が建てられ[1]、南岸のトルシリ地区には缶詰工場もあったが、人口は択捉島3郡中で最も少なく、さらに昭和初期に最多を数えた後、減少傾向となった。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

江戸時代中期、蘂取郡域は東蝦夷地に属し宝暦4年(1754年松前藩によって開かれた国後場所に含まれた。天明6年と寛政3年には最上徳内が択捉島と得撫島を探検、寛政11年には高田屋嘉兵衛によって択捉航路が運営されるようになる。[2]

江戸時代後期にさしかかった、寛政12年には国後場所から分立した択捉場所に属するようになり、漁場が設けられ、同年、幕府の松前蝦夷地御用取扱近藤重蔵が、カモイワッカ岬近くの丘に2本目の「大日本恵登呂府」の標柱を建てた事が知られている。近藤によると、寛政12年には7郷中3郷6村(シベトル4村、マクマヨイ1村、トウロ1村)が蘂取郡域にあり、人口も300人程を数え、また11年後の文化8年にはオトイマウシにも集落ができている[3]。この間、継右衛門ら6名の慶祥丸乗組員たちが、漂着した北千島方面(幌筵島羅処和島)から得撫郡域を経て文化3年6月28日に択捉島の北端に到着し、7月2日に幕府の蘂取番所に到着した。その後、紗那郡域の会所に向かっている。文化11年ころには高田屋によって蘂取神社が創立されている。

また、当時ロシア南下政策を強力に推し進めており、その脅威に備えるため寛政11年蘂取郡域は天領とされ南部藩津軽藩が警固をおこなっていたが、文政4年に松前藩領に戻った。その後、安政2年再び天領(今度は仙台藩警固地)となり、同6年の6藩分領以降、蘂取郡域は仙台藩領となっていた。このとき、「大日本恵登呂府」の標柱の痛みが激しくなっていたため、仙台藩士によって「大日本地名アトイヤ」と書き改めた標柱が立てられている。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して蘂取郡が置かれた。

郡発足以降の沿革編集

人口編集

国勢調査の結果のうち、大正14年 - 昭和10年のデータは、昭和10年の国勢調査報告[6]より。

  • 明治26年 - 郡役所統計概表 120人(男64人、女56人)、戸数51[7]
  • 大正9年 - 国勢調査 1,193人(男1,013人、女180人)、世帯数108[8]
  • 大正14年 - 国勢調査 1,231人
  • 昭和5年 - 国勢調査 1,513人
  • 昭和10年 - 国勢調査 1,482人(男1,272人、女210人)、定住人口354人
  • 昭和15年 - 国勢調査 881人(男662人、女219人)、世帯数120[9]

脚注編集

  1. ^ 蘂取(しべとろ)・ニケウル・ドロメナ 北方四島居住地図 千島歯舞諸島居住者連盟
  2. ^ エトロフ・クナシリ新図 北方関係資料 北海道大学
  3. ^ 「恵登呂府志」から孫引き
  4. ^ 地方行政区画便覧 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  5. ^ 北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例 支庁制度改革の取組(地域主権局)北海道
  6. ^ 市町村別人口 01北海道昭和10年国勢調査 政府統計の総合窓口
  7. ^ 紗那外三郡役所統計概表 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  8. ^ 世帯数及人員-市町村 01北海道 大正9年国勢調査 政府統計の総合窓口
  9. ^ 世帯および男女別人口(全人口)-全国,道府県,郡,市区町村 昭和15年国勢調査 政府統計の総合窓口

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集