メインメニューを開く

蘇部 健一(そぶ けんいち 1961年 - )は、日本小説家推理作家。2012年、清涼院流水が立ち上げた「The BBB」(Breakthrough Bandwagon Books)に参加。

蘇部 健一
(そぶ けんいち)
誕生 1961年
東京都
職業 推理作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1997年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 第3回メフィスト賞
デビュー作 六枚のとんかつ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

概要編集

1961年、東京都に生まれる。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。1997年、保険調査員・小野由一を主人公とした連作集『六枚のとんかつ』にて第三回メフィスト賞を受賞、デビュー。上記作品は「ばかばかしくて読めない」「ゴミだ」「商品じゃない」「くだらない」などの強い批判や「支持する」などの絶賛の声が上がった。

ミステリー界の異才、異能作家などといわれる。デビュー作の系列に属するアイディア重視の推理短編とは別に、やや長めのセンチメンタルなSF作品があり、こちらのほうが評価が高いことを作者自身後書きで自認している。

初めて活字になった自作本格推理短編は『しおかぜ⑰号四十九分の壁』。1996年鮎川哲也が編集した『本格推理(7)』に入選・収録されている。発表当時のペンネームは「我妻起成」。

メフィスト賞作家では黒田研二と仲がいい。『木乃伊男』の解説も黒田が担当している。黒田がかつて自身のホームページに記していたところによると、姪が蘇部健一のファンであるとのこと。

『動かぬ証拠』の後書きによれば、ミステリー界初の「音の出る推理小説」「飛び出す推理小説」を出版しようと、そのサンプルを講談社文庫の編集者に送ったが、蘇部の本は実のところあまり売れないために「そんなコストのかかるものはダメだ」と却下された。「音の出る推理小説」は「変化する証拠」というタイトルで、『動かぬ証拠』に(音は出ないが)収録されている。

『ふつうの学校』シリーズや『恋時雨』のように、青い鳥文庫YA!ENTERTAINMENTのような、児童向けのレーベルにも小説を発表している。


著作編集

六とんシリーズ編集

  • 六枚のとんかつ (1997年9月 講談社ノベルス / 1998年2月 講談社ノベルス<改訂新版> / 2002年1月 講談社文庫)
    • 収録作品:音の気がかり / パンは知っていた(ノベルス版のみ) / 桂男爵の舞踏会 / 黄金 / チチカエル(ノベルス版のみ) / エースの誇り / 見えない証拠 / しおかぜ⑰号四十九分の壁 / 解けないパズル(ノベルス版のみ) / 丸ノ内線七十秒の壁 / 欠けているもの / 張り込み(ノベルス版のみ) / 消えた黒いドレスの女 / 六枚のとんかつ / 「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」読んだ男 / 最後のエピローグ / オナニー連盟(文庫版のみ) / 鏡の向こう側(文庫版のみ) / 五枚のとんかつ(文庫版のみ) / 保険調査員の長い一日(文庫版のみ)
  • 六とん2 (2005年10月 講談社ノベルス / 2008年8月 講談社文庫)
    • 収録作品:最後の事件 / 三色パンの秘密 / 甘い罠 / 午前一時のシンデレラ / 行列のできるパン屋さん / 姿なき目撃者 / 読めない局面 / 誓いのホームラン / 地球最後の日? / 叶わぬ想い / きみがくれたメロディ / 届かぬ想い・純愛ヴァージョン(文庫版のみ)
  • 六とん3 (2007年5月 講談社ノベルス)
    • 収録作品:もうひとつの証言 / アリバイの死角 / 生涯最良の日 / ×××殺人事件 / 殺ったのはだれだ!? / 瞳の中の殺人者 / 死ぬ / 嘘と真実 / 栄光へのステップ / 秘めた想い / 赤い糸
  • 六とん4 一枚のとんかつ (2010年8月 講談社ノベルス)
    • 収録作品:一枚のとんかつ / 大江戸線5分30秒の壁 / 新×××殺人事件 / 犯行の印 / 聖職 / ひとりジェンカ / 修学旅行の悪夢 / 翼をください / 追われる男 / 恋愛小説はお好き? / 琥珀の中のコートダジュール

ふつうの学校シリーズ編集

  • ふつうの学校 ―稲妻先生颯爽登場!!の巻― (2003年4月 青い鳥文庫)
  • ふつうの学校② ―ブラジャー盗難事件の巻― (2004年2月 青い鳥文庫)
  • ふつうの学校③ ―朝の読書はひかえめに の巻― (2005年6月 青い鳥文庫)

その他の作品編集

  • 長野・上越新幹線四時間三十分の壁 (1999年3月 講談社ノベルス / 2003年3月 講談社文庫)
    • 収録作品:長野・上越新幹線四時間三十分の壁 / 指紋 / 2時30分の目撃者 / 乗り遅れた男(文庫版のみ)
  • 動かぬ証拠 (2001年5月 講談社ノベルス / 2004年5月 講談社文庫)
    • 収録作品:しゃべりすぎの凶器 / 逃亡者~片腕の男 / 黒のフェラーリ / 天使の証言 / 転校生は宇宙人 / 宿敵 / 宇宙からのメッセージ / 逆転無罪 / リターン・エース / 再会 / 変化する証拠 / サム・スペードの憂鬱(文庫版のみ)
  • 木乃伊男 (2002年9月 講談社ノベルス / 2005年9月 講談社文庫)
※講談社ノベルス創刊20周年記念 特別書き下ろし作品
  • 届かぬ想い (2004年4月 講談社ノベルス / 2008年2月 講談社文庫)
  • 恋時雨 (2006年7月 YA!ENTERTAINMENT)
  • 赤い糸 (2009年11月 早川書房 / 2013年6月 徳間文庫)
  • 古い腕時計 きのう逢えたら…(2011年10月 徳間書店)
  • まだ恋ははじまらない…(2012年8月 PHP研究所)
  • 運命しか信じない!(2014年3月 小学館文庫)
  • 小説X あなたをずっと、さがしてた(2018年1月 小学館)
    • 収録作品:あなたをずっと、さがしてた / 四谷三丁目の幽霊

単行本未収録作品編集

  • 依頼人(『S-Fマガジン』 2009年2月号 - 2009年3月号 早川書房 掲載)
  • 硝子の向こうの恋人(『NOVA 6―書き下ろし日本SFコレクション』 2012年11月 河出文庫 収録)

英訳作品編集

  • The Hopeless Dream (英語圏向け電子書籍として2012年12月発売)[1]
    • 『六とん2』収録の短編「叶わぬ想い」を英語圏の読者に向けてリメイクし、清涼院流水が英訳したもの

脚注編集

外部リンク編集