蘇 錫文(そ しゃくぶん)は、中華民国の政治家・実業家。中華民国維新政府、南京国民政府(汪兆銘政権)の要人。

蘇錫文
Su Xiwen.jpg
プロフィール
出生: 1892年光緒18年)
死去: 1945年民国34年)
Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 中華民国
出身地: 清の旗 福建省延平府竜渓県
職業: 政治家・実業家
各種表記
繁体字 蘇錫文
簡体字 苏锡文
拼音 Sū Xīwén
和名表記: そ しゃくぶん
発音転記: スー シーウェン
ラテン字 Su Hsi-wen
テンプレートを表示

事跡編集

日本に留学し、早稲田大学政治経済科を卒業した。帰国後は、南洋や華北で商業に従事している。その後政界に入り、福建省政府財政局長、広東大元帥府財政署長兼民政司長、上海持志大学教授などを歴任した。後に台湾に赴任している。

1937年民国26年)12月、日本の指示により、上海大道市市長に就任した。翌年3月に中華民国維新政府が成立すると、その翌月に蘇錫文は上海市政公署暫行督弁(市長に相当)に任ぜられる。10月、傅筱庵が新たに上海市長に任命されると、蘇は上海市政府秘書長兼中央市場場長に異動した[1]

1940年(民国29年)10月、傅が暗殺されると、翌月に陳公博が着任するまで蘇が暫時市長を代行した。陳の就任とともに蘇は秘書長を辞任する。以後、中華輪船股份有限公司董事長、航業財産整理委員会主任委員などをつとめた。

1945年、死去。享年54。

編集

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』によれば、蘇は教育局長も兼任した、としているが、劉寿林ほか『民国職官年表』1135頁は、陳修夫が教育局長に就任した、としている。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国維新政府
先代:
(創設)
上海市政暫行督弁
1938年4月 - 10月
次代:
傅筱庵(上海市長)