蘊謙戒琬(うんけん かいわん、1610年万暦38年) - 1673年寛文13年))は、江戸時代前期に中国から渡来した僧。

蘊謙戒琬
1610年 - 1673年
生地 福建省泉州府南安県
宗派 禅宗
寺院 福済寺

生涯編集

若くして出家し、17歳の時、木庵性瑫の居る開元寺に入寺した。

1649年慶安2年)、長崎に住む泉州出身の華僑らの招請によって、来日して当時は無住となっていた福済寺の住持に就任した。

1656年明暦2年)に木庵が来日すると、寺の住持の座を譲り、蘊謙自身は寺の監寺の任を担った。

1660年万治3年)、木庵が摂津国普門寺に去ると、住持に復帰した。

その後の蘊謙は、摂津の普門寺と宇治萬福寺とを訪れた以外は、ほぼ長崎を動かず、福済寺の住持を続けた。

1672年(寛文12年)、木庵の弟子であり、同じく中国僧であった慈岳に住持の座を譲って、桑蓮居に隠退した。

1673年(寛文13年)6月に没した。享年64。

関連項目編集