メインメニューを開く

蘭 郁二郎(らん いくじろう、1913年9月2日 - 1944年1月5日)は、日本小説家SF作家推理作家。本名は遠藤 敏夫[1]。林田葩(はな)子というペンネームもある。

目次

プロフィール編集

東京都生まれ。東京高工の電気学科卒[2]。SF好きだった母の影響を受け、SF小説同人誌を学生時代に多数発表。その後、1931年平凡社江戸川乱歩全集の付録雑誌に「息を止める男」を発表し、これがデビュー作となった。1935年には、大慈宗一郎中島親荻一之助らとともに同人誌『探偵文学』を創刊。1937年に『シュピオ』と改題してからは、海野十三小栗虫太郎木々高太郎とともに編集を務めた。のちに、海野の影響を受けてSFスリラーを多数発表したが、太平洋戦争の報道班員として南方へ向かう途中の1944年1月5日、飛行機事故で亡くなった。享年31歳。

著書編集

  • 『奇巌城 少年科学小説』鈴木御水絵 紀元社 1941 盛林堂ミステリアス文庫、2013
  • 『黒い東京地図』大都書房 1942
  • 『少年電氣物語』童話春秋社 1942
  • 『脳波操縦士』文学書房 1942
  • 『ガラスの島 冒険科学小説』伊勢良夫絵 泰光堂 1943
  • 『太陽の島』西正世志絵 六芸社 1943
  • 『南海の毒盃 防諜探偵小説』大道書房 1943
  • 『熱線博士』新正堂 1943
  • 『少年探偵王』村上松次郎絵 ともだち社 1948
  • 『地底大陸』桃源社 1969
  • 『火星の魔術師』国書刊行会 1993
  • 『少年小説大系 第17巻 平田晋策・蘭郁二郎集』会津信吾編 三一書房 1994(地底大陸・珊瑚城・秘境の日輪旗)
  • 『蘭郁二郎集 魔像』ちくま文庫 2003
  • 『蘭郁二郎探偵小説選』1‐2 論創社 2013

脚注編集

  1. ^ 會津信吾編『少年小説大系 第17巻 平田晋策・蘭郁二郎集』 三一書房、1994年、515頁。
  2. ^ 會津、530頁。

外部リンク編集