メインメニューを開く
上: 凹レンズによってできた虚像。下: 凸面鏡によってできた虚像である。どちらの図においても f  が焦点、 O  が物体、そして I  が虚像である。 また青い矢印で書かれているのが光の道筋である。

虚像(きょぞう、: virtual image)とは、レンズ屈折反射された光線が実際にはに集まらないが、光線を逆向きに延長すると集まって一種の像を作ることをいう。光線はまるで虚像から発するように見える。レンズによる正立像や、平面鏡の作る鏡像は虚像である。

転じて、第三者によってつくられた実際とは正反対の姿も指す。 これは、屈折像と間違えやすいので注意。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集