虞 昺(ぐ へい、生没年不詳)は、中国三国時代西晋政治家世文揚州会稽郡余姚県の人。父は虞翻。兄弟は虞汜虞忠虞聳ら。

生涯編集

虞翻の11人の子のうち、8番目に当たる。若い時から俗事にこせこせせぬ大きな気概を備えていた。

呉に出仕して黄門郎となり、主君孫晧の下問に的確に答えることでその優れた才能が認められ、抜群の昇進をして尚書侍郎に任ぜられた。

太康の役の時に晋の軍が攻め寄せてきたとき、虞昺は持節をさずかり、武昌より上流地域の軍の総指揮にあたるべく派遣された。呉の軍が総崩れになったとき、虞昺は節と蓋と印綬を呉の朝廷に奉還したあと、晋に降伏した。

呉が滅びた後、済陰太守となり、権力者たちの横暴をおさえ、弱い者たちの後ろ盾となって、彼の異名は人々の間に知れ渡った。兄の虞聳よりも先に亡くなったという[1]

虞昺は天文学にも通じ、著書の『窮天論』では、「空の形をしたドームは笠のようであり、地表は浮いている空気の上にある。」と大気の状態を他の説よりも科学的に記載している。

家系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞光
 
虞成
 
虞鳳
 
虞歆
 
虞翻
 
虞汜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞忠
 
 
虞𩦎[ft 1]
 
虞谷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞潭[ft 2]
 
虞仡
 
虞嘯父
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞聳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞昺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞察[ft 3]
 
虞喜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虞預[ft 4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. ^ 『晋書』巻76に「潭之兄子也」とある。𩦎(馬+斐)は騑に同じ。読みはヒ(fēi)。
  2. ^ 名は『晋書』巻76による。『三国志』巻57裴注の引く『会稽典録』には「忠子譚、字思奥」とある。
  3. ^ 『三国志』巻57裴注の引く『会稽典録』に「聳書与族子察曰」とある。
  4. ^ 名は『晋書』巻82による。『晋書』巻91には「弟豫自有伝」とある。

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『会稽典録』