虞 羡(ぐ い、227年 - 284年)は、中国三国時代武将政治家敬悌揚州会稽郡余姚県の人。虞翻の一族。

生涯編集

呉に出仕して牙門将・裨将軍を歴任した。

太康の役の時には呉帝孫晧の降伏に従わず、西晋にも出仕しなかった。西晋の太康5年(284年)秋8月27日庚子の正午、57歳で亡くなったという[1]。子供は8人いたという[2]

また虞羡は文化にも通じており、現代でも残る「武人茶」を創造したという。

虞羡碑編集

浙江省余姚県穴湖村では呉の遺物『虞羡碑』が出土しており、この記載内容により虞羡の生涯が判明した[3]

現存する『虞羡碑』は3枚あり、三国・両晋時代では代表的な「官吏碑」であり銘文が相似している。三国時代の重要な文化的遺物であり、磚の文字は正方形に整っており、書法は依然として隸書の方式を残しており、これは三国時代と両晋王朝の書道のスタイルの進化を反映している[4]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『虞羡碑』
  2. ^ 『虞羡碑』
  3. ^ 「呉故牙門将裨将軍虞羡,字敬悌,年五十有七,以太康五年八月廿七日庚子午時卒,八男」,「呉故牙門将裨将軍虞羡,字敬悌,年五十有七,乙太康五年八月廿七日庚子午時卒」,「虞羡,字敬悌,年五十七卒」
  4. ^ 虞羡磚三枚”. 養山堂藏拓 (2005年12月10日). 2020年5月3日閲覧。