メインメニューを開く
大腸回盲部から見た虫垂開口部(右下)

虫垂(ちゅうすい、英語: appendixvermiform processラテン語: appendix vermiformis虫様突起(ちゅうようとっき)とも)は、盲腸の後内側表面から突起状に垂れ下がった細長い器官[1][2]

目次

機能編集

ヒトにとって虫垂は欠かせない存在である、それは善玉菌の備蓄機能を備えているからである。今日においてもこの機能は必要なものであるが、食糧事情の大幅な改善により善玉菌を摂取しやすいことから、この機能はさほど重要視されていないと見られている。

大阪大学などによる最近の研究報告(Masahata et al. 2014)では、小腸及び大腸にて特異的に作用する免疫グロブリンA(IgA)を虫垂リンパ組織が産生していることが明らかとなり、虫垂を失うと大腸の腸内細菌バランスが崩れ、腸管感染症や炎症性腸疾患を発症することが明らかとなった[3][4]

一方、草食動物にとって虫垂は生命維持に欠かせない器官である。虫垂は草の繊維を構成するセルロースを分解するバクテリアの棲息場所となっており、食物の分解に欠かせないからである。

虫垂の炎症と切除編集

虫垂の炎症虫垂炎といい、虫垂炎が進行すると細菌が腹膜内に侵入して深刻な腹膜炎に至ることがある[1]

かつては生理機能がないと考えられ、虫垂炎を予防するために異常所見がなくても切除されることがあった。

ところが、前述の大阪大学による研究報告など、虫垂はリンパ組織の一つとして扁桃などと同様に胃腸の免疫機能に大きく関与していることが明らかとなってきたため、異常がなければ温存し、虫垂炎であっても健康なリスクのない成人で炎症が軽度であれば抗生物質投与など保存的治療で完了することも増えた。ただし現状、虫垂炎の治療は切除が原則であり、手術の遅れによる重症化、死亡は大きな脅威である。

また、成人早期に虫垂を切除すると、パーキンソン病の発症リスクが19~25%下がることを米国の研究者らが突き止めた[5]

脚注編集

  1. ^ a b Gillian Pocock , Christopher D. Richards『オックスフォード・生理学 原書3版』 (植村慶一、岡野栄之訳)丸善、2009年、462頁
  2. ^ 内田さえ、原田玲子、佐伯由香 編『人体の構造と機能 第4版』 医歯薬出版、2015年、278頁
  3. ^ 無用の長物と考えられていた虫垂の免疫学的意義を解明 ~炎症性腸疾患の制御に繋がる新たな分子機構~国立研究開発法人科学技術振興機構(2014/04/10)
  4. ^ 虫垂は無用の長物にあらず、免疫に重要 サイエンスポータル(2014/04/11)
  5. ^ 「パーキンソン病、始まりは腸から? 虫垂切除で発症リスク19~25%減」(2018/11/1AFP=時事)

参考文献編集

  • Masahata, K; Umemoto, E; Kayama, H; Kotani, M (Apr 2014). “Generation of colonic IgA-secreting cells in the cecal patch”. Nature Communications. doi:10.1038/ncomms4704. 

関連項目編集