虹と雪のバラード

虹と雪のバラード」(にじとゆきのバラード)は1972年2月に開催された1972年札幌オリンピックテーマソングである。

目次

概要編集

経緯編集

みんなのうた
虹と雪のバラード
歌手 トワ・エ・モワ
作詞者 河邨文一郎
作曲者 村井邦彦
編曲者 川越守
映像 実写
初放送月 1971年2月-3月
その他 2012年3月15日の『発掘スペシャル』内で再放送。
テンプレートを表示

本曲は作詞:河邨文一郎、作曲:村井邦彦

五輪開幕2年前の1970年NHKは河邨に作詞を依頼する際に、

  1. イベントが終わっても長く歌い継がれるもの。
  2. オリンピックを待ち焦がれる札幌の人たちの心情を表していること。
  3. 重々しい式典風のものではなく、屋根裏の落第坊主がギターを爪弾いて歌え、なおかつ、何千人もの合唱に耐えうること。

の3つを要望した。

依頼を受けた当初はなかなか構想がまとまらず、河邨は2週間ペンが進まなかったという[1][2]

1971年2月から3月までNHKみんなのうた』の「札幌五輪のうた」のコーナーで流された[3]1964年東京オリンピックのテーマ曲である「東京五輪音頭」や日本万国博覧会のテーマ曲である「世界の国からこんにちは」の例に倣い、この曲も複数歌手による競作となり、トワ・エ・モワ黛ジュン菅原洋一ピンキーとキラーズ佐良直美、トワ・エ・モワと同一の芸能事務所に所属していたジャッキー吉川とブルー・コメッツスクールメイツなどが歌唱したが、最終的にトワ・エ・モワ版が定着し[1]この年の『第22回NHK紅白歌合戦』でもトワ・エ・モワがこの曲を歌った。

五輪後編集

 
大倉山ジャンプ競技場にある詩碑

2003年、河邨が初代教授を務めた札幌医科大学整形外科のパーティで、トワ・エ・モワが「虹と雪のバラードの詩碑はどこにあるのですか?」と質問したのをきっかけに詩碑建立計画が始まり[1]揮毫は河邨と交流が深かった書家の中野北溟、デザインは札幌市立高専教授で彫刻家の國松明日香に依頼した[1][4]2005年9月11日、札幌オリンピック ノルディックスキージャンプ競技の舞台となった大倉山ジャンプ競技場に詩碑が設置され、除幕式にはトワ・エ・モワの2人も参加してこの歌を熱唱した。なお、河邨は2004年3月30日に他界しており、詩碑の完成を見ることはできなかった。

2011年から始まった「みんなのうた発掘プロジェクト」により、映像が提供され、2012年3月15日深夜(3月16日未明)放送の『みんなのうた発掘スペシャル』で、実に41年ぶりの再放送となった。なお同番組では当時の映像のほか、当時の曲名・歌詞などのテロップがそのまま放送された。

札幌オリンピック当時は多くの学校で唱歌として採用された。そのため1番2番の歌詞を知っている人が多い歌でもある。今でも学校唱歌として、時々使用されている。また人が集まるイメージと、町ができあがるイメージなどを盛り込んだ歌としてオリンピック後も人々に親しまれ、時々CMソングとしても流れる事がある。札幌を代表する歌のひとつとしてさっぽろ雪まつりの会場内でも頻繁に流されている。

トワ・エ・モワ版編集

虹と雪のバラード
トワ・エ・モワシングル
リリース
ジャンル フォーク
レーベル 東芝音楽工業/EXPRESS
作詞・作曲 作詞:河邨文一郎
作曲:村井邦彦
編曲:小谷充
チャート最高順位
  • 7位(オリコン
  • 1972年度年間57位(オリコン)
トワ・エ・モワ シングル 年表
愛の泉
1971年
虹と雪のバラード
(1971年)
友だちならば
1972年
テンプレートを表示

トワ・エ・モワ版『虹と雪のバラード』は1971年8月25日 に発売され、オリンピックの開催に合わせたように徐々に売上を伸ばし、オリコン・チャートの7位まで上昇した。売上は累計で60万枚に達した[5]

トワ・エ・モワの白鳥英美子は「河邨さんは“詩人”なんだなぁ、そしてこれは札幌に住んでいる方でないと書けない“深いところまで見据えた言葉遣い”をされているなぁと感じました。それまでのトワ・エ・モワの曲とは少し異なる行進曲風の曲調で、何度もなじむまで歌いました。」と、初めて歌詞を読んだ当時を回想している[1]

トワ・エ・モワ版のシングル盤レコードの方は、小谷充がアレンジを担当した。その為、『みんなのうた』版(アレンジは川越守)と歌い方が若干異なる。

トワ・エ・モワは1973年に解散していたが、1998年の長野オリンピックに先立ち再結成した。芥川澄夫は、札幌オリンピックの日の丸飛行隊の3人にこの曲を生で聞かせるよう求められたと話している[6]

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ版編集

虹と雪のバラード
ジャッキー吉川とブルー・コメッツシングル
B面 愛の子守歌
リリース
ジャンル 歌謡曲グループ・サウンズ
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 作詞:河邨文一郎
作曲:村井邦彦
編曲:川口真
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ シングル 年表
生きるよろこびを
1971年
虹と雪のバラード
1971年
希望にみちた二人のために
1972年
テンプレートを表示

前作「生きるよろこびを」の発売から2週間後の1971年9月10日に発売された。多くのグループとの競作となったが、レコードはトワ・エ・モワが多くを売り上げたため、ブルー・コメッツ版のこの曲が表に出ることはあまり無かった。

レコードジャケットには「札幌オリンピック組織委員会選定/札幌オリンピックの歌」と記されている。また、ジャケットに写るメンバーの写真は「海辺の石段」のB面・「冬の嵐」のジャケットで使われた写真がそのまま流用されている。

B面は「愛の子守歌」(橋本淳 作詞、高橋健二 作曲、筒美京平 編曲)。ブルー・コメッツのベーシスト・高橋健二が作曲した歌謡曲風の曲。1970年12月10日に発売されたブルー・コメッツのアルバム「ベスト・オブ・ブルー・コメッツVol.2」に収録されたのが、この曲の初出である。

その他のカバー編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 楽曲誕生のエピソード「虹と雪のバラード」詩碑建立期成会事務局
  2. ^ 石狩川流域紙国土交通省北海道開発局札幌開発建設部
  3. ^ 虹と雪のバラードNHKみんなのうた
  4. ^ 札幌五輪の名曲、詩碑に 「虹と雪のバラード」共同通信 2004年6月28日
  5. ^ 五輪あれこれ:バンクーバー五輪 札幌五輪・詩碑 /北海道毎日新聞 2010年2月25日 地方版
  6. ^ 初回放送:2010年2月5日「虹と雪のバラード」BS朝日 うたの旅人

関連項目編集