蛇口クルーズセンターは中国語で蛇口郵輪中心という
地図

蛇口クルーズセンター中国語: 蛇口郵輪中心)は中華人民共和国広東省深セン市南山区蛇口街道にあるフェリーターミナルで、香港やマカオ間との出入国管理も行ってる。以前は蛇口フェリーターミナル(蛇口客運碼頭)がその役割を果たしていたが、機能移転し、2016年10月31日に正式に運用を開始した。

施設編集

フランスの建築家・デニス ラミングによって設計された。ターミナルビルは三角形の形をしており、総建築面積は13万平方メートル。客船用埠頭を3つ備えており、近距離の大湾区(広東・香港・マカオ)間の中型船舶のみならず、比較的大型の外洋定期船をも受け入れ可能となっている。また、施設内には吉野家、ケンタッキー、コンビニなどがある。

定期航路編集

アクセス編集

バス編集

  • バス停名:蛇口郵輪中心
    • B601番、331番、332番

地下鉄編集

ギャラリー編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • 蛇口郵輪母港 - 蛇口クルーズ母港(中国語)
  • CKS - 香港国際空港 - 蛇口港間の時刻表
  • 招商売蛇口 - 国有企業で蛇口の開発を独占的に行っている(中国語)

座標: 北緯22度28分6.546秒 東経113度54分49.133秒 / 北緯22.46848500度 東経113.91364806度 / 22.46848500; 113.91364806