メインメニューを開く

蛯原 八郎(えびはら はちろう、1907年明治40年)1月13日 - 1946年昭和21年)5月30日)は、日本ジャーナリスト著作家新聞雑誌研究家。明治期大正期に活躍したジャーナリスト宮武外骨助手を長く務め、東京帝国大学法学部附属明治新聞雑誌文庫で新聞・雑誌を博捜し、文学研究における資料批判の重要性を訴えた。

蛯原 八郎
誕生 1907年1月13日
日本の旗 日本茨城県北相馬郡
死没 (1946-05-30) 1946年5月30日(39歳没)
中華民国の旗 中華民国満州
職業 ジャーナリスト著作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 麹町小学校
主題 新聞雑誌研究
代表作 『明治文学雑記』(昭和10年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

1907年(明治40年)茨城県生まれ。後に東京府に転居し、麹町小学校を卒業し丸善に入社。業務の傍ら、同社の商業夜学会で学ぶ。1923年(大正12年)に丸善を退社し、1924年(大正13年)にジャーナリスト宮武外骨助手となった。1927年(昭和2年)に博報堂の創業者・瀬木博尚の資金援助を受け、宮武外骨が東京帝国大学法学部附属明治新聞雑誌文庫(現・近代日本法政史料センター)を創設した。以降、9年間にわたり明治新聞雑誌文庫に在籍し、外骨と共にその充実に貢献。「明治文化全集」の編集などに尽力した。退職後は、時事新報特派員として欧米諸国を歴訪し、取材活動に従事。その後、満州に渡り同地で死去した。

主な刊行物編集

編集編集

単著編集

  • 『明治文学雑記』学而書院 1935
  • 『海外邦字新聞雑誌史』学而書院 1936
  • 『日本欧字新聞雑誌史』名著普及会 1980
  • 『日本に於ける外字の新聞雑誌』半狂堂 1874

共著編集

  • 『浪漫古典 第3輯 (エミイル・ゾラ研究)』昭和書房 編 昭和書房 1934
  • 『明治文化研究論叢』明治文化研究会 編 一元社 1934
  • 『日本文学講座 第15-17巻』改造社 1935

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集