メインメニューを開く

蜂須賀 宗員(はちすか むねかず)は、阿波富田藩の第3代藩主。のち阿波徳島藩の第6代藩主。

 
蜂須賀宗員
Hachisuka Munekazu.jpg
蜂須賀宗員像
時代 江戸時代
生誕 宝永6年1月1日1709年2月10日
死没 享保20年6月7日1735年7月26日
改名 正員(初名)→宗員
別名 隠岐
墓所 徳島県徳島市下助任町 興源寺
官位 従四位下、侍従淡路
主君 徳川吉宗
富田藩第3代藩主→阿波徳島藩第6代藩主
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀綱矩、母:架(安西作左衛門・娘)
養父:蜂須賀隆長
兄弟 吉武隆寿宗員、蓮光院(井伊直惟室)、娘(小笠原忠貞室)、娘(大久保忠興婚約者)、娘(安藤信尹婚約者)
なし
重矩、娘(井伊直禔婚約者)
養子:宗英
テンプレートを表示

生涯編集

徳島藩第5代藩主・蜂須賀綱矩の四男。母は安西作左衛門の娘・架。初名は正員(まさかず)。通称は隠岐

当初、兄吉武阿波徳島藩の世子となっており、正員は阿波富田藩主・隆長の養子になった。正徳4年(1714年)11月16日、養父・隆長の死去により富田藩主となる。享保3年(1718年)2月15日、将軍徳川吉宗御目見した。

享保7年(1722年)12月18日、従五位下隠岐守に叙任する。後に淡路守に改めた。

 
興源寺の墓所(徳島県徳島市下助任町)

享保10年(1725年)7月4日、長兄・吉武が早世したため、宗家に戻って世子となる。このため、富田藩は所領を徳島藩に返納して廃藩となった。同年12月7日、従四位下に昇進し、将軍徳川吉宗偏諱を受けて宗員と改名した。後に侍従に任官した。

享保13年(1728年)1月23日、父・綱矩の隠居により家督を継いだ。

享保20年(1735年)6月7日、死去。享年28。次男・文太郎(のちの重矩)は幼少だったため、一族から宗英を養子に迎えて跡を継がせた。

系譜編集

参考文献編集

  • 『蜂須賀家記』