蜂須賀 隆重(はちすか たかしげ)は、阿波富田藩の初代藩主。

 
蜂須賀 隆重
時代 江戸時代
生誕 寛永11年8月18日1634年10月9日
死没 宝永4年8月24日1707年9月19日
改名 幼名:万之助、初名:至照、正武
別名 通称:万之助、下総
墓所 東京都台東区松が谷 海禅寺
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
阿波富田藩
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀忠英、母:繁姫小笠原忠脩の娘)
兄弟 光隆隆重隆矩隆喜、清姫(稲田稙儀室)
正室:清田氏
側室:上里氏、本性院
正上、2女(松平頼貞室)、3女・菊姫(内藤信輝室)、7女・春姫(南部利幹室、蜂須賀隆長養女)ら1男7女
養子:隆長
テンプレートを表示

生涯編集

正保元年(1644年)5月7日父忠英の願い出により、徳川家綱小姓になる。同年5月11日、将軍徳川家光御目見する。慶安4年(1651年)8月16日、従五位下飛騨守に叙任する。明暦3年(1657年)3月15日、幕府の詰衆に列し、蔵米3000俵を賜る。

寛文6年(1666年)、幕府から若年の徳島藩主蜂須賀綱通の補佐を命じられる。寛文12年(1672年)9月28日、補佐を辞職する。

延宝6年(1678年)10月7日、幕府から若年であった徳島藩主蜂須賀綱矩の補佐を命じられる。元禄4年(1691年)閏8月28日、補佐を辞職する。

延宝6年10月19日、綱矩から阿波・淡路国などに5万石を分与され、支藩である富田藩を立藩する。なお、蔵米3000俵は返上している。同延宝6年11月8日、詰衆を退任する。

元禄元年(1688年)4月14日、雁間詰となる。以後、代々の当主は雁間詰となる。

宝永2年12月26日(1706年1月)に隠居し、養子の隆長に家督を譲る。以後、寛楽と号する。

宝永4年(1707年)8月24日に死去、74歳。

墓所は東京都台東区松が谷の海禅寺。正室は横浜市戸塚区の盛徳寺に眠る。

系譜編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『蜂須賀家記』
  • 宮澤誠一『赤穂浪士―紡ぎ出される「忠臣蔵」 (歴史と個性)』三省堂、1999年(平成11年)。ISBN 978-4385359137

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 吉良は元禄11年(1698年)9月6日の江戸の大火により鍛冶橋邸を焼失した為、呉服橋に屋敷を再建した。
  2. ^ 宮澤誠一『赤穂浪士―紡ぎ出される「忠臣蔵」』 1999年。93-95p。