蟹江 義丸(かにえ よしまる、1872年明治5年)3月 - 1904年明治37年)6月19日[1])は、日本哲学者

蟹江義丸

経歴編集

富山県富山市出身。1890年(明治23年)、第四高等中学校に入学し、翌年第一高等中学校に移った[1]1893年(明治26年)、東京帝国大学文科大学国史学科に入学したが、1年間の休学を経て哲学科に転じ、1897年(明治30年)に卒業した[1]。その後体調を崩し、京都で静養の傍ら、真宗大学(現在の大谷大学)で講師を務めた[1]。1年ばかりの後、東京帝国大学大学院に入り、カント及び以後のドイツ哲学を専攻し、さらに倫理学・東洋倫理学を専攻した[2]。その他、東京専門学校(現在の早稲田大学)・東京法学院(現在の中央大学)・浄土宗高等学院(現在の大正大学)で講師を務めた[2]1900年(明治33年)、東京高等師範学校講師となり、のち教授となった[1]1903年(明治36年)、文学博士の学位を得た[1]

著書編集

  • 『西洋哲学史』(博文館、1899年)
  • 『パウルゼン氏倫理学』(育成会、1900年)
  • 『カント氏倫理学』(育成会、1901年)
  • 『ヴント氏倫理学』(育成会、1901年)
  • 『日本倫理彙編』(育成会、1903年) 井上哲次郎と共編
  • 『孔子研究』(金港堂、1904年)

脚注編集

参考文献編集

  • 『日本現今人名辞典 第3版』日本現今人名辞典発行所、1903年。
  • 桑木厳翼『時代と哲学』隆文館、1904年。