メインメニューを開く

蟹沢橋梁(かにさわきょうりょう)は、福島県耶麻郡西会津町の蟹沢に架かる東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線鉄道橋である。

目次

概要編集

岩越線(現・磐越西線)の野沢駅 - 津川駅間の延伸工事に伴って1914年(大正3年)に完成した。上野尻駅 - 徳沢駅間の阿賀川支流である蟹沢に架かる全長87.5mの橋梁である。

明治時代の文化遺産である「一ノ戸川橋梁」と同じボルチモアトラス橋であり、現存している。

構造編集

中央部の1支間が単線上路式分格プラットトラス(ボルチモアトラス・ピン結合)、残り2支間が単線上路式プレートガーダーである。トラス、プレートガーダーともにアメリカン・ブリッジ製である。

周辺編集

その他編集

柴崎橋付近の県道338号より群岡小学校に通じる道路が、本橋梁の上野尻方プレートガーダーの直下を潜っており、ボルチモアトラスの構造を至近距離で見ることができる。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集