メインメニューを開く

蟻田 功(ありた いさお、1926年5月15日 - )は、日本の医学者。天然痘の撲滅に尽力した[1]

目次

来歴編集

熊本県生まれ。熊本中学熊本医科大学卒業。厚生省勤務を経て、世界保健機関(WHO)にて天然痘撲滅プロジェクトリーダーとして、プロジェクトを主導。結果、1980年の世界保健機関による天然痘根絶宣言に至る。財団法人国際保健医療交流センターを設立、同名誉理事長。1988年に日本国際賞を受賞している。

著書編集

  • 天然痘根絶ターゲット・0、毎日新聞社、1979年
  • 「外」の世界、熊本日日新聞社、1997年 ISBN 978-4877550035
  • 地球上から天然痘が消えた日―国際医療協力の勝利、あすなろ書房、1991年 ISBN 978-4751516126
  • 蟻田功 「法によるジフテリア予防接種の行政効果に関する研究」 熊本大学に提出した学位論文 昭和32年8月1日 博士論文書誌データベースによる

主要論文編集

編著・共著編集

  • 院内感染対策マニュアル 改訂第2版 1992
  • Smallpox and Its Eradication 1989

脚注編集

  1. ^ 蟻田功、田沢健次郎、「21世紀の日本は予防医学のリ-ダ-に--天然痘根絶で「日本国際賞」--蟻田功さん」 科学朝日 48(5), p8-9,48〜51, 1988-05, NAID 40000401580

関連項目編集

外部リンク編集