メインメニューを開く
血液検査のためにラベルを張って分類されている容器

血液検査(けつえきけんさ)は、採血法によって得られた血液を利用して病状などを調べる臨床検査である。

検査は主に臨床検査技師が行う。

目次

検査の意義編集

自分の身体は自分で守ることに関し、一定期間において自分の健康をチェックすることは、たいへん重要なことである。血液から得られる情報は非常に多く、以下のような検査を行って病状などを判断する材料とする。特に、生活習慣病の中には、自覚症状を現すことなく忍びよるものが多く、自覚症状が現れる頃には、ある程度病気が進行してしまっていることが少なからずある。このため、自ら進んで健康診断人間ドックを受けることは、日々の健康生活のために必要なことであろう。

我々の生命を維持する上で、必要不可欠であり、身体の様々な部分を駆け巡っているのが血液である。血液を検査することにより、膨大な情報を読み取ることが可能である。一般的な病院にて、検査することが可能な項目数は、2000を超えるという。がん・糖尿病などの生活習慣病、アトピー・花粉症などのアレルギー反応について、後天性免疫不全症候群貧血白血病などの病気はもちろんのこと、動脈硬化など血管の状態を、血液から知ることができる。様々な病気の発見に、血液検査は欠かせない。

検査項目編集

血液学的検査編集

血球計算
下記の項目を一括してオーダーする場合、全血球計算(全血算, CBC)と称される。
  • 赤血球数検査...貧血・多血症の存在と種類などを見る。
  • 白血球数検査...感染症・白血病などで増多し、骨髄抑制などで減少する。
  • 血小板数検査...出血傾向の有無などの判定に凝固検査と共に用いられる。
  • ヘモグロビン量検査...貧血・多血症の指標として用いられる。
白血球分画
細菌感染では好中球数が増多することが多い。
末梢血塗抹
白血病の際には腫瘍細胞がみられることがある。

凝固・線溶系検査編集

生化学検査編集

免疫学的検査編集

内分泌代謝系検査編集

関連項目編集