メインメニューを開く

行川アイランド(なめがわアイランド)は、かつて千葉県勝浦市浜行川にあった植物園を中心としたレジャー施設[1]、運営会社の名称である。

行川アイランド
正面入口跡
施設情報
専門分野 総合
所有者 冶金興産(日本冶金工業子会社)
管理運営 行川アイランド
面積 総面積 450,000m2
(内開発面積 330,000m2
開園 1964年8月13日
閉鎖 2001年8月31日
所在地 299-5255
千葉県勝浦市浜行川606
位置 北緯35度7分3.7秒 東経140度13分52.6秒 / 北緯35.117694度 東経140.231278度 / 35.117694; 140.231278座標: 北緯35度7分3.7秒 東経140度13分52.6秒 / 北緯35.117694度 東経140.231278度 / 35.117694; 140.231278
公式サイト 外部リンク参照
テンプレートを表示
入口が鉄柵で塞がれた跡地
行川アイランドと浜行川集落(1974年度)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)

施設編集

房総半島の海と山に恵まれた環境で、南国系の動物・鳥類や熱帯植物・プール・ホテル・野外ステージが整備された一大リゾート地として開発・運営されていた。特にフラミンゴショーやクジャクの飛行ショーが有名で、野外ステージでは南国のダンスショーやヒーローショーがあり、夜間は宿泊客のためにバーベキューディナーとダンスショーが行われていた。入場者数と売上高の減少が続いたことなどにより、2001年8月に閉園となった(後述)。

施設最寄り駅として行川アイランド駅1970年(昭和45年)に開設され[2]、閉園後も無人駅として残されている。

設立趣旨編集

喧騒な大都会で生活する都市生活者に明日の活力を養う憩いの場として、自然を基調にした独創的で魅力ある鳥の楽園を創造して、人と鳥と動物の共生を図る。

主な施設編集

  • 喫茶店
  • レストラン
  • ホテル
  • プール
  • 野外ステージ
  • 野外バーベキュー場
  • トロピカルバードセンター - 世界の珍しい熱帯鳥20種
  • モンキーハウス - 熱帯雨林に棲息する珍しい小形8種

動物編集

合計93種1,068点(動物25種164点、鳥類68種904点)を飼育し、希少な水牛の1種アノアの飼育も有名であった。フラミンゴショー、クジャクのダイビングショー、ホロホロチョウの空中パレードショー、アシカの餌付けショーなどを行なっていた。フラミンゴショーはサンバワルツに合わせて100羽のフラミンゴが行進するもので、風雨があると鳥が羽ばたくなど、非常に難易度とオリジナリティーの高いものだった。クジャクのダイビングは訓練中に風に乗って山中に逃げることもあり、同じく容易ではなかった。

千葉県内で唯一キョンを飼育していたが、1980年代以降に一部が逃げ出して野生化し、千葉県南部を中心に自然繁殖して農作物を荒らすなど2000年代から問題となっている[1]

植物編集

椰子類4種、花木132種、一般樹木77種の合計213種を栽培した。あじさい数万株、毎年西洋アジサイを3,000本植栽して日本有数のアジサイ園があった。

歴史編集

1964年8月13日に開園してフラミンゴショーの人気などから1970年に年間117万人もの入場者数を記録し、外房線に行川アイランド駅が設けられた。レジャー施設が皆無であった近隣の鴨川町に大規模水族館の鴨川シーワールドが1970年10月に開園すると、当園の入場者数は同年から減少しはじめた。当初は個人経営だったが、1976年会社更生法を申請。当時のオーナーが社長を務める日本冶金工業が経営を引き受けた。その後は子会社である冶金興産株式会社が管理し、株式会社行川アイランドが運営を受託する形となったが、同年以降は一度も黒字になっていない。

1980年代前半に現在の鴨川市・南房総市館山市や周辺地域で、太海フラワーセンター(鴨川市)・ロマンの森共和国君津市)・マザー牧場富津市)など中小規模の観光施設、リゾートホテルが相次いで開業するなど外房のレジャー施設が鴨川市に集中し、1983年東京ディズニーランドの開園で千葉県内の観光客を大きく奪われた。バブル景気時期は南房総のレジャー施設を泊まりがけで周遊するなど入場者数は一時持ち直したが、バブル崩壊後の景気低迷やレジャーの多様化で、入場者数と宿泊者数が減少して累積赤字の増加が続いた。1997年東京湾アクアラインが開通して東京都神奈川県から房総半島へアクセスが改善されるも、鴨川市や館山市方面と異なり接続道路から大きく外れ、開通当初は通行料金が高額で通行量が少なく房総半島への観光客自体が少なく、恩恵はほとんど得られなかった。

東京湾アクアライン開通を見越して施設拡張して日本で初めてシャチが出産するなど、話題性から集客力を得るが、アトラクションの陳腐化などもあり2000年の入場者数は年間19万人まで減少し、売上高も最盛期の半分の6億円となった。開園以来ショーを行ってきたフラミンゴが高齢化し、1羽50万円の購入費用も困窮し、2001年3月26日に日本冶金工業の取締役会で閉園を決定した。親会社にとってレジャー産業は本業ではなく投資しにくかったとされる。

閉園発表を受けて勝浦市で「行川アイランドを存続させる会」が発足して15,000人の署名を集めたが、自治体からの支援は困難であり、当初の予定通り2001年8月31日に閉園した。

管理会社の冶金興産は2001年10月に日本冶金工業に吸収合併された。企業としての行川アイランドは清算業務を行い、業務終了後も休眠会社として存続したが、2007年3月31日に会社解散となった。

閉園後の敷地は2004年3月に共立メンテナンスが4,200万円で取得した。複合リゾート施設「ウエルネスの森」として開発を目指し、2007年10月に温泉井戸を1本掘削した[3]世界金融危機後の景気低迷もあり、2008年10月14日に勝浦市に対して開発計画の無期延期[3]が申し出される。

2018年5月に共立メンテナンスが具体的な計画を提出し、8月29日の審議会経て、勝浦シーサイドパークリゾート(仮称)が2020年春から着工予定である。

地形編集

山を削ったような、巨大な御椀型の窪んだ土地にあった。駐車場から園内に入るには巨大な洞窟のようなトンネルを通らなければならなかった。入り口の反対側にあたるホテルは太平洋に面して、浜に出られる。この地形は軍事施設の名残で、園内で多く見られる用途不明の洞窟は弾薬庫、と喧伝される。周りを一周する御椀型の頂は遊歩道になっていた。

入園料編集

以下は閉園間際の2001年の料金

  • 大人(13歳以上)1600円 子供(4歳 - 12歳)800円
  • マザー牧場共通入場券
    • 大人2000円 子供1000円
  • 鴨川シーワールド共通入場券
    • 大人2700円 子供1350円

アクセス編集

テレビ・映画撮影でのロケ地使用編集

以下のロケーション撮影の記録は、閉園後の跡地も含む。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集