メインメニューを開く

行田バイパス(ぎょうだバイパス)は、埼玉県羽生市から熊谷市までの約10kmの区間を結ぶ、国道125号バイパスである。現地標識では125号バイパスと案内されている。なお、2018年7月までに現道化した(並行する旧道を埼玉県道128号熊谷羽生線に転換[1][2][3])。

一般国道
Japanese National Route Sign 0125.svg
行田バイパス
国道125号バイパス
路線延長 約10 km
起点 埼玉県羽生市
主な
経由都市
埼玉県行田市
終点 埼玉県熊谷市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0122.svg国道122号
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号熊谷バイパス
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
行田バイパス 行田市和田付近

概要編集

埼玉県行田市市街地を通過する国道125号本線(現埼玉県道128号熊谷羽生線)が狭く、信号機も多く混雑するため計画された。 2014年3月現在、行田市荒木地区から秩父鉄道を跨ぐ行田大橋までの区間で4車線化工事が2015年度中の完成を目標に進められ、2016年には既存の橋の北側へ羽生市方面の2車線の橋が新設、その後2017年3月には既存の橋を熊谷市方面への2車線化が完了し、晴れてバイパスが完全な4車線となった。[4] しかし、熊谷市上之(南)交差点は国道17号熊谷バイパスに突き当たる丁字路となっているため(実際には2003年に十字路となったが、事実上丁字路のままである。下記参照)、行田市方面からの車で渋滞が頻発している。

上之(南)交差点から熊谷駅前まで直結する通りが2019年4月13日に開通したが、これは国道125号ではなく埼玉県道128号熊谷羽生線の新道であり[5]、行田バイパス・国道125号としては同交差点が終点となっている。

終点部は、先述の通り十字路になっているものの、実質的には国道17号熊谷バイパス高崎方面へ合流・分岐するような構造となっており、当バイパス終点下り線側は熊谷バイパス下り線高崎方面へ通行を優先する構造になっており(信号制御はある)、逆方向の熊谷バイパス上り線から当バイパス上り加須方面への分岐は信号を介さず通行するランプ構造になっている。この行田バイパス-熊谷バイパス高崎方面間は上下線とも通行車線が赤く塗りつぶされ強調されている。また、当バイパス手前の国道122号との重複区間からの分岐点より、全区間において案内標識上でも「高崎 熊谷」方面[6]と案内されている。

接続する主な道路編集

沿線施設等編集

  • 小松台工業団地
  • 行田市総合公園・行田市総合体育館(グリーンアリーナ)

脚注編集

関連項目編集