メインメニューを開く
行田市郷土博物館

行田市郷土博物館(ぎょうだしきょうどはくぶつかん)は、埼玉県行田市博物館

目次

概要編集

行田の歴史と文化に関する展示を行っている。忍城本丸跡地に1988年(昭和63年)2月開業した。博物館南東部には忍城御三階櫓が復元されている(位置や規模は史実と異なる)。展示内容には埼玉古墳群、忍城下町、足袋などが含まれている。

文化財編集

  • 酒巻14号墳出土埴輪(国の重要文化財
  • 酒巻15号墳出土品(大刀形埴輪3点、鞆形埴輪2点、靫形埴輪1点、円筒埴輪3点、その他一括、埼玉県指定有形文化財)
  • 黒糸威二枚胴具足(埼玉県指定有形文化財)
  • 関ヶ原合戦図屏風(行田市指定有形文化財)
  • 2015年(平成27年)3月2日に、所蔵されている「行田の足袋製造用具及び製品」4971点が国の登録有形民俗文化財に登録された。また、2017年に認定された日本遺産「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」の構成文化財のひとつとなっている(忍城跡および復元された博物館の建物)。

所在地等編集

  • 所在地 - 埼玉県行田市本丸17-23
  • 入館料 - 大人200円(団体160円)、高大生100円(団体80円)、小中生50円(団体40円)
  • 開館時間 - 9時から16時30分
  • 休館日 - 月曜日(祝日休日は開館)、祝祭日の翌日(土日は開館)、毎月第4金曜日、年末年始

アクセス編集

鉄道
道路

脚注編集

関連項目編集