衛 子夫(えい しふ、? - 紀元前91年)は、前漢武帝皇后。子夫はは不明。母はであった衛媼(えいおん)。息子に劉拠(戻太子)。姉は衛君孺[1]衛少児霍去病の母)、弟には大将軍となった衛青がいる。衛青の父親が下級官吏の鄭季(ていき)とされており、衛子夫の父親も鄭季とする説がある。

衛皇后
前漢の皇后
在位 紀元前128年 - 紀元前91年

全名 衛子夫(字)
別称 思皇后(諡号)
死去 征和2年(紀元前91年
配偶者 武帝
子女 富利公主
陽石公主
諸邑公主
劉拠
母親 衛媼
兄弟 衛青
姉妹 衛君孺衛少児
立后前身位 夫人
テンプレートを表示

略歴編集

元は武帝の姉である平陽公主中国語版家の歌妓であったが、平陽公主に引き立てられ、武帝の後宮に入る。最初に寵愛されることはなかったが、後宮を離れた際には武帝に目を留められ寵愛を受け、夫人に封じられ、三女をもうけた。紀元前128年に待望の皇子である拠を産んだ後、夫人から皇后に昇格する。弟の衛青と甥の霍去病も重用される。当時の俚諺にこう言われた「男児が生まれたら喜ぶな。女児が生まれたら怒るな。衛子夫が天下を牛耳ることを見たか?」

しかしその後、武帝の寵愛は王夫人・李夫人・尹婕妤・趙婕妤に移った。その末に、巫蠱の禍で罪に問われて自殺を強いられた上、皇后の位を廃された。

のち、曾孫である宣帝によって皇后の位を回復され、思皇后諡号を贈られた。これは中国史上、皇后が自身の諡号を持つ最初の例となった。

登場作品編集

テレビドラマ

脚注編集

  1. ^ 「皇帝たちの中国」岡田英弘 著 ISBN 4-562-03148-4