衛星カタログ番号

衛星カタログ番号(えいせいカタログばんごう、Satellite Catalog Number (SATCAT))とは、アメリカ宇宙コマンド(USSPACECOM)が地球の軌道上の全ての人工物および地球軌道を離れた人工物に対して付与している、最大9桁の番号である[1]。1番はスプートニク1号を打ち上げるためのロケット、2番はスプートニク1号その物であり[2]、それ以降、打ち上げまたは発見された順に連続の番号が与えられている。NORAD IDUSSPACECOMオブジェクト番号(USSPACECOM object number)、または単にカタログ番号(catalog number)とも呼ばれる。

概要編集

カタログに掲載されるのは直径10センチメートル以上の人工物であり[3]、軌道に乗らなかったまたは短時間しか乗らなかったものは掲載されない[4]。USSPACECOMは、第18宇宙防衛隊英語版が管理するWebサイトspace-track.orgで衛星カタログを公表している[5]

2021年6月11日 (2021-06-11)現在、カタログには48,833個の人工物が掲載されている。そのうち、1957年以降に打ち上げられて軌道に乗ったた人工衛星は11,264個である[6]。21,197個については今なおその位置が追跡され続けている一方、1,374個は消失している[7]欧州宇宙機関(ESA)は、USSPACECOMが追跡可能な大きさのデブリが、2019年1月現在で約3万4千個あると推定している[8]

恒久的にカタログに掲載される物体には1から69,999までの番号が付与される[9]。Space-Trackは2020年から、スペースフェンス英語版が発見したデブリなどに対して[10]99,999を超える6桁以上の番号を付与している[11]

歴史編集

当初、衛星カタログは北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が管理しており、1985年よりUSSPACECOMが衛星カタログの管理と、地球軌道上の全ての人工物の追跡・識別を行っている[12]。2002年にUSSPACECOMはアメリカ戦略軍(USSTRATCOM)に統合されて消滅したが、2019年に再設置された[13]

2020年まで、2行軌道要素形式(TLE)のフォーマットの制約により衛星カタログ番号は5桁に制限されていた。2020年から、衛星カタログのフォーマットが、宇宙データシステム諮問委員会英語版(CCSDS)が定めたOMM(Orbit Mean-Elements Message)に変更され、カタログ番号が9桁まで拡大された[10]

脚注編集

  1. ^ Kelso, T.S. (1998年1月). “Frequently Asked Questions: Two-Line Element Set Format”. Satellite Times. 2019年6月23日閲覧。
  2. ^ SL-1 R/B Satellite details 1957-001A NORAD 1”. 2018年1月9日閲覧。
  3. ^ Frequently Asked Questions”. Space-Track.org. 2019年6月23日閲覧。 “10 centimeter diameter or "softball size" is the typical minimum size object that current sensors can track and 18 SPCS maintains in the catalog.”
  4. ^ Frequently Asked Questions”. Space-Track.org. 2019年7月14日閲覧。 “Q: What criteria are used to determine whether an orbiting object should receive a catalogue number and International Designation? A: We must be able to determine who it belongs to, what launch it correlates to, and the object must be able to be maintained (tracked well).”
  5. ^ USSTRATCOM expands SSA data on Space-Track.org”. Air Force Space Command (2018年10月10日). 2019年6月23日閲覧。
  6. ^ Kelso, T.S.. “SATCAT Boxscore”. CelesTrak. 2019年6月23日閲覧。
  7. ^ Kelso, T.S.. “TLE History Statistics”. CelesTrak. 2019年6月23日閲覧。
  8. ^ Space debris by the numbers”. ESA (2019年1月). 2019年6月23日閲覧。
  9. ^ Conjunction Summary Message Guide”. space-track.org. 2020年3月30日閲覧。
  10. ^ a b @SpaceTrackOrg (2020年11月25日). "The satellite catalog is growing faster than ever" (ツイート). Twitterより2020年12月1日閲覧
  11. ^ Kelso, T.S. (2020年5月27日). “A New Way to Obtain GP Data (aka TLEs)”. CelesTrak. 2020年6月3日閲覧。
  12. ^ Small Satellite Debris Catalog Maintenance Issues”. NASA (1991年10月1日). 2019年6月23日閲覧。
  13. ^ US Policy and Capabilities on SSA”. Secure World Foundation (2019年1月24日). 2019年10月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集