衛生陶器(えいせいとうき)は、浴室便所など主に水回りに用いられるセラミックス製の器具の総称。具体的には洗面台便器浴槽ビデ汚物流しなどを指す。

衛生陶器製の和風便器
衛生陶器製洗面台

アメリカで発明されたビトレアスチャイナ(vitreous china)という熔化質素地の製品が普及しているが、もとは多孔性の陶器質の素材が使われており「陶器」の呼び名はその名残である[1]

特徴編集

吸水性がほとんどなく、汚れが付きにくく洗浄が容易、表面硬度が高く傷がつきにくいなどの長所がある反面、衝撃や、熱湯などの高温により破損する場合もある[2]。便器など複雑な形状の製品の製造には、主に石膏合成樹脂製の鋳型を用いた成形法が用いられる[2]。代替素材としては琺瑯合成樹脂ステンレス鋼などがある。

歴史編集

衛生陶器は19世紀中期にイギリスで開発され、19世紀後期にかけてアメリカで技術が確立された。日本では幕末に、以前の木製便器を模した陶製便器の生産が始まった[3]

衛生陶器には陶器質素地が使用されていたが、1920年代にアメリカでビトレアスチャイナ(vitreous china)という熔化質素地が発明され一般的に利用されるようになった[1]。日本には昭和初期頃に技術導入され、日本産業規格(JIS A 5207)に品質が規定されている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 古賀直樹「陶磁器素地の高強度化と衛生陶器への応用」『Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan』第7巻第285号、無機マテリアル学会、2000年、 143-148頁、 doi:10.11451/mukimate2000.7.143
  2. ^ a b 株式会社ダイワ
  3. ^ 瀬戸市ホームページ

外部リンク編集