衝動 (B'zの曲)

B'zの40作目のシングル
B'z > 作品リスト > 衝動 (B'zの曲)

衝動」(しょうどう)は、B'zの楽曲。2006年1月25日にVERMILLION RECORDSから40作目のシングルとして発売された。

衝動
B'zシングル
初出アルバム『MONSTER
B面 結晶
リリース
規格 マキシシングル
録音 2005年11月 - 2006年
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[3]
  • 2006年2月度月間1位(オリコン)[4]
  • 2006年度年間22位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • 衝動
    • (2006年)
    MONSTER 収録曲
    ケムリの世界
    (5)
    衝動 〜MONSTER MiX〜
    (6)
    無言のPromise
    (7)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「衝動」 - YouTube
    テンプレートを表示

    概要

    編集

    B'zとしては「Everlasting」以来4曲目の『名探偵コナン』とのタイアップ[注 1][5]

    本作には、『名探偵コナン』の原作者である青山剛昌描き下ろしのイラストカードが付属している。このカードには、B'zの2人と『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナンが描かれている[6]

    B'zのCDが1月に発売されるのは、18年目にして初めてのことだった[注 2]。また、B'zとしては漢字のみのシングル表題曲は本作が初であり[注 3]、全収録曲が漢字のみのシングルは本作のみである。

    本作のミックスとマスタリングにはジェイ・バウムガードナーテッド・ジェンセンが携わっている[7]

    チャート記録

    編集

    オリコンチャートでは初登場で首位を獲得。これでシングルのTOP10連続登場年数が17年となり、SMAPTUBEの16年連続を上回り、当時単独1位となった[3]

    収録曲

    編集
    12cmCD
    全作詞: 稲葉浩志、全作曲: 松本孝弘、全編曲: 松本孝弘・稲葉浩志・徳永暁人
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「衝動」稲葉浩志松本孝弘
    2.「結晶」稲葉浩志松本孝弘
    合計時間:

    楽曲解説

    編集
    1. 衝動
      演奏時間が3分14秒(曲終了後、空白があるので表記上は3分17秒)と、B'zのシングル史上最も演奏時間が短い曲[注 4]。メンバー曰く「大人なロック、無駄なことは極力しない」とコメントしている。
      MVは、書道家の武田双雲衝動の文字を書くという駄洒落になっている[8][9]
      15thアルバム『MONSTER』には別バージョンが収録され、コンピレーション・アルバム『世界最速J-POPトランス』にもトランス風にリミックスされた音源が収録された。
      音楽番組での披露は『音楽戦士 MUSIC FIGHTER[10]と『ミュージックステーションスーパーライブ』のみである。
    2. 結晶
      ドラムは全編打ち込みとなっている。Bメロ部分は、ややファルセット気味で歌唱している[9]
      2nd beatかつストックでありながら、日本テレビ土曜ドラマ喰いタン』主題歌に起用された。B'zが日本テレビ系列のドラマ主題歌を手掛けるのは「RING」以来、約5年4か月ぶりとなる。
      同系列番組『歌笑HOTヒット10』で披露された[10]。B'zのライブでは、2021年に行われた『B'z presents LIVE FRIENDS』のアンコールで、リリースから約15年越しに初演奏された[11][12][13][14]

    タイアップ

    編集

    参加ミュージシャン

    編集

    収録アルバム

    編集

    衝動

    ライブ映像作品

    編集

    衝動

    結晶

    脚注

    編集

    注釈

    編集
    1. ^ 途中、稲葉のソロ曲である「Overture」もタイアップに採用されている。
    2. ^ 後に51stシングル『有頂天』も1月に発売している。また、2000年発売の『今夜月の見える丘に』も当初は1月発売の予定だったが、延期され同年2月に変更となった(詳細は「今夜月の見える丘に」を参照)。
    3. ^ 本作の他には、「有頂天」と「声明」が存在する。
    4. ^ ただし、「DIVE」のアルバムバージョン(2分59秒)を除く。

    出典

    編集
    1. ^ Gold Album+...認定 2006年1月度」『The Record』第556号、日本レコード協会、2006年3月、14頁。 
    2. ^ GOLD DISC 2011年1月度」『The Record』第616号、日本レコード協会、2011年3月、14頁。 
    3. ^ a b “B'z、シングル首位連続年数に加え、TOP10連続年数も歴代単独No.1!”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2006年1月30日). https://www.oricon.co.jp/news/10744/full/ 2021年12月14日閲覧。 
    4. ^ “【月間シングル】山下智久、首位でジャニーズ勢快挙!!”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2006年7月6日). https://www.oricon.co.jp/news/27169/full/ 2022年3月4日閲覧。 
    5. ^ B'z、ニュー・シングル発売決定! 新年から『名探偵コナン』オープニング・テーマとしてオンエア開始!(Musicnet)”. Yahoo!ミュージック. ヤフー株式会社. 2005年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月11日閲覧。
    6. ^ “BREAKERZと一緒に、名探偵コナンも“ういっしゅ”♪”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2009年3月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000047484 2019年11月24日閲覧。 
    7. ^ B'z『2006年B'z始動!新たな歴史を刻む第1弾シングル!』”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2006年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月14日閲覧。
    8. ^ 書道家 武田 双雲 活動報告2006”. Kanji Artist Souun 書道家 武田 双雲 公式ウェブサイト. Souun Office. 2019年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月17日閲覧。
    9. ^ a b “2006年第一弾シングル「衝動」レヴュー&先行試聴”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2006年1月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000017641 2019年11月24日閲覧。 
    10. ^ a b テレビ出演決定!!”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS (2022年12月21日). 2006年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月21日閲覧。
    11. ^ B'z|ライブBlu-ray&DVD『B'z presents LIVE FRIENDS』12月14日発売|購入先着特典「クリアファイル」”. タワーレコード株式会社 (2020年11月2日). 2022年12月11日閲覧。
    12. ^ B'z「FRIENDS」の世界観を再現したライブがBD/DVD化、特典はインタビュー軸のドキュメント”. 株式会社ナターシャ (2020年10月14日). 2022年12月11日閲覧。
    13. ^ B'z、コンセプトライブ<LIVE FRIENDS>を映像作品化リリース決定”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2020年10月14日). 2022年12月11日閲覧。
    14. ^ B’z、『FRIENDS』シリーズの世界観再現したコンセプト・ライブを全曲映像化 12/14発売”. 阪神コンテンツリンク (2020年10月14日). 2022年12月11日閲覧。

    外部リンク

    編集
    テレビアニメ名探偵コナンオープニングテーマ
    2006年1月9日 - 5月8日
    前作:
    倉木麻衣
    Growing of my heart
    B'z
    衝動
    次作:
    愛内里菜&三枝夕夏
    100もの扉