メインメニューを開く

衣川 隆夫(きぬがわ たかお、1979年7月28日 - )は、兵庫県出身の元社会人野球選手(捕手外野手)。ホンダに所属していた。現役引退時の背番号は9

衣川 隆夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1979-07-28) 1979年7月28日(39歳)
身長
体重
169 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

兄は元プロ野球選手の衣川幸夫

目次

来歴・人物編集

育英高等学校ではセンバツの出場経験あり。

その後日本大学に進み野球部に所属。2000年春シーズンには東都大学リーグ1部首位打者に輝く。4年生となった2001年シーズンには背番号1を背負ってキャプテンを務め、この年の大学選手権でチームを準優勝に輝く。また、この年の四カ国対抗戦と第34回IBAFワールドカップ日本代表にも選出される。リーグ通算90試合出場、278打数74安打、打率.266、4本塁打、37打点。ベストナイン3回。

実兄の幸夫も捕手としてプロ入り(近鉄ヤクルト)しており、兄弟捕手としてのプロ入りもささやかれたが、大学卒業時にドラフト指名はなく、社会人のホンダ入り。入社1年目の2002年には日台対抗戦の日本代表に選出され、ドラフト指名解禁時にはプロの指名があるものと期待された。

しかし、捕手として同年代かつ同期入社の佐伯亮がレギュラー捕手の座をつかみ順調に成長していくのと反比例するように、衣川の守備面には綻びが見え始め、さらには打撃にも影響を与える悪循環に陥ってしまう。そこで2004年シーズン、宇田川丈昌監督と相談の上、外野手にコンバートとなった。背番号も前年まで尾形佳紀広島に入団)がつけていた9番を引き継ぎ、外野手、指名打者として試合に出場した。

2007年シーズンは再び捕手登録に戻ったが、同年の都市対抗野球南関東2次予選を最後に現役を引退。

その後母校である日本大学のコーチに転じ、2009年6月から8月までは監督代行を務めた。 今現在では、日本大学国際関係学部のコーチを務めている。

日本代表キャリア編集

主な表彰・タイトル編集

関連項目編集