メインメニューを開く

衣笠映画聯盟(きぬがさえいがれんめい、1926年4月 設立 - 1928年6月 解消)は、かつて存在した日本の映画製作プロダクションである。新字体表記衣笠映画連盟衣笠貞之助が主宰した。

衣笠映画聯盟
種類 個人商店
市場情報 消滅
設立 1926年
業種 情報・通信業
事業内容 活動写真製作
代表者 衣笠貞之助
主要株主 白井信太郎
関係する人物 犬塚稔
冬島泰三
杉山公平
特記事項:1928年 活動停止
テンプレートを表示

目次

略歴・概要編集

衣笠貞之助は1926年(大正15年)、満30歳を迎え、かねてから「三〇になったら何かやらなければいかん」と考えていたことから、同年4月、マキノ・プロダクションを退社、衣笠映画聯盟を設立する[1]。ムービーカメラを所有していた衣笠は「テントを張ってライトをつけてやれば、日本映画は出来る」との発想で独立し、これに俳優の井上正夫、小説家の横光利一川端康成岸田国士ら、「新感覚派」と呼ばれた若手文士から賛同を得た。

衣笠は当時助監督犬塚稔の紹介で松竹キネマ白井信太郎に会い、松竹下加茂撮影所の使用許可と資金援助をとりつけ、同年5月5日から同撮影所に籠もり、『狂つた一頁』の撮影を開始した[1]

食うや食わずの困難を続け、『狂つた一頁』は1か月ほどで完成、衣笠監督は完成フィルムを抱えて自ら東上して必死で駆け回り、東京築地の松竹本社で蒲田の監督たちを寄せての試写にこぎつけたが、誰もこの作品を称賛せず、営業部も良い返事をしなかった。が、経緯を察した松竹の大谷竹次郎社長がこのフィルムを買い取ってくれ、合わせて下賀茂撮影所での時代劇製作を勧めてくれた[2]。この頃、松竹は現代劇は人気があったが、蒲田で作る時代劇が一向にパッとしなかった。そこで、蒲田に代えて京都の下賀茂での時代劇製作に注力しはじめていたのである[3]

同年9月24日、東京・新宿の武蔵野館(現在の新宿武蔵野館)で公開[1][4]岩崎昶が絶賛したほか批評的には好評を得たが、興行的には不調で1万3,000円(当時)程度の欠損を抱えた[1]。同聯盟は債権者の白井のために、大谷社長の勧める時代劇映画を制作。『照る日くもる日 第一篇・第二篇』、『麒麟児』等の商業作品を松竹キネマから受注制作した[1]

明けて1927年(昭和2年)、同聯盟は松竹キネマの新人俳優・林長丸(のちの長谷川一夫)を預かり、林長二郎と改名、『稚児の剣法』でデビューを飾った[1]。同作は、助監督・脚本家の犬塚稔の監督昇進第1作でもあった[5]。三日でこの長二郎主演作の脚本を仕上げた犬塚を監督に抜擢したのは白井所長であり、キャメラマンに衣笠聯盟の円谷英一を推薦したのは犬塚である[6]

新人の林長二郎は、当時阪妻プロで破格の勢いだった阪東妻三郎をして「おれがこわいと思うのはこの男だけだ」と言わしめたほど抜きんでており、同作は大ヒットし、林長二郎は多数の女性ファンを獲得。林長二郎を作り出したことによって、連盟は大谷の厚意に報いることとなった[7]。このころ、同聯盟の脚本部には三村伸太郎冬島泰三、監督部には小石栄一山崎藤江、俳優部には千早晶子浦波須磨子が加わった[1]

1928年(昭和3年)、衣笠は『海国記』の撮影において、九州地方北陸地方の海岸へのロケーション撮影を敢行、数百人のエキストラを動員して大モブシーンを演出した[1]。さらに『十字路』を製作、同年5月4日に公開の後の同年6月、同作をかかえてソビエト連邦経由でドイツへ経ち、同聯盟は解消となった[1]。同聯盟からは、犬塚稔のほか、山崎藤江[8]星哲郎[9]が映画監督としてデビューした。

エピソード編集

フクロウをシンボルマークとし、大・小道具の係は皆、フクロウを描いた半纏を着、銀紙を貼った照明板の裏にもフクロウの絵がついていた。このフクロウの絵は、少人数だった衣笠映画聯盟が夜間撮影の連続だったことにちなんでいる[10]

フィルモグラフィ編集

全作製作[4]。特筆以外の全作監督は衣笠貞之助、特筆以外の配給は松竹キネマである[4]

1926年
1927年
1928年
  • 弁天小僧』 : 原作・脚本赤羽恵一郎、主演林長二郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 京洛秘帖』 : 原作・脚本赤羽恵一郎、主演林長二郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 海国記』 : 原作大森痴雪、脚本三村伸太郎、主演関操、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 道中双六船』 : 原作・脚本冬島泰三、主演小沢茗一郎
  • 風雲城史』 : 監督山崎藤江、原作・脚本星哲郎、主演小沢茗一郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 長恨夜叉』 : 原作・脚本藤原忠、主演林長二郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 篝火』 : 監督・脚本星哲郎、原作松本憲逸、主演林長二郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 白井権八』 : 監督山崎藤江、原作・脚本古野栄作、主演林長二郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 若衆髷』 : 監督・原作・脚本星哲六、主演阪東寿之助
  • 大瀬半五郎』 : 監督星哲郎、原作・脚本藤原忠、主演林長二郎、製作提携松竹下加茂撮影所
  • 十字路』 : 監督・脚本衣笠貞之助、主演阪東寿之助、製作提携松竹京都撮影所

編集

  1. ^ a b c d e f g h i 日本映画発達史 II 無声からトーキーへ』、田中純一郎中公文庫、1976年1月10日 ISBN 4122002966, p.65-71.
  2. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  3. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社刊)
  4. ^ a b c 衣笠貞之助、日本映画データベース、2010年3月10日閲覧。
  5. ^ 犬塚稔、日本映画データベース、2010年3月10日閲覧。
  6. ^ 『夢は大空を駆けめぐる 恩師・円谷英二伝』(うしおそうじ、角川書店)
  7. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  8. ^ 山崎藤江、日本映画データベース、2010年3月10日閲覧。
  9. ^ 星哲郎、日本映画データベース、2010年3月10日閲覧。
  10. ^ 『舞台、銀幕六十年』(長谷川一夫、日本経済新聞社刊、昭和48年)

外部リンク編集